Fandom

Resident Evil Wiki

A Deal with the United States

14,443articles on
this wiki
Add New Page
Talk0 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.


A Deal with the United States (合衆国との取引 Gasshūkoku to no torihiki?) is a file in Resident Evil 6.

LocalizationEdit

It can be obtained in Chapter 5 of Jake Story.

TranscriptEdit

The reason the U.S. government took Sherry Birkin into custody is twofold: one, they had hoped to study the G-Virus that remained in her blood, and two, they sought to protect her from Albert Wesker, who wanted to possess a sample of the G-Virus.

In 2009, the organization Albert had worked for fell apart after he was eliminated by the BSAA on a mission in Africa. Sherry was thus freed from the threat posed by Albert and his organization. The government offered her a chance to leave their protective care if she agreed to come work for them.

Sherry learned of how bioweapons had caused the deaths of countless people around the world, and she couldn't bear to think of others enduring what she had experienced as a child. She readily agreed to work as a special agent under the direct supervision of Derek C. Simmons.

Agent Birkin's latest assignment is to find Jake Muller, the only known living individual with C-Virus antibodies, and escort him back to the United States.

Below is a note written by Simmons during the time Sherry became an agent for him.

---

Sherry agreed to become an agent under my supervision in a little more freedom. I bet she thought that this was her big chance to help others in need. Her overly-kind and ultimately naive, charitable nature makes me sick. But, she could still be of some use.

ラクーン事件後、シェリー・バーキンが合衆国の監視下に置かれたのには、二つの理由があった。

一つは、彼女の身体に宿る「G-ウィルス」を研究するため。もう一つが、「G-ウィルス」を狙うアルバート・ウェスカーにシェリー自身が狙われる可能性があり、保護が必要だったためである。

その後、ウェスカーが所属していた組織の崩壊と、2009年にウェスカー自身がクリス・レッドフィールド率いるBSAAによって殺害されたことで、彼女の身柄を脅かす者はこの世からいなくなった。保護の必要がなくなったシェリーは、軟禁を解くこととの交換条件として、合衆国のエージェントになることを持ちかけられた。

近年のバイオテロの増加によって、自分のような犠牲者が増えることを危惧していたシェリーは、この話を受け入れ、自分の保護者代わりを務めていたディレック・C・シモンズ付きのエージェントに就任した。エージェントとしての教育を受けたシェリーは、C-ウィルスの抗体を持つジェイク・ミューラーの保護およびアメリカへの移送を命じられた。

シェリーがエージェントとなった際、シモンズが残した手記が見つかっている。

---

「軟禁を解く交換条件としてエージェントとなること、シェリーは受け入れたようだ。呆れるほどに心優しい彼女のことである、"自分がエージェントになることで、一人でも自分のような辛い思いをする人を救いたい"という思いからだろう。

私の専属エージェントとなることも決まった。シェリーは、一通り実験が終わった用済みとはいえ、まだまだ利用価値はある。手元に置いておいて、損はあるまい」

Also on Fandom

Random Wiki