Wikia

Resident Evil Wiki

Ada's Report 1

13,731articles on
this wiki
Talk0
Ada's Report I
Ada's report 1
Japanese:
File type:Report
Room:[room not given]
Map:[map not given]
Level:Chapter 1, Separate Ways
Appears in:Resident Evil 4
Last edit: 15 months ago. (Purge)


Ada's Report 1 is a file that can be found in Resident Evil 4.

Location

The file can be obtained after finishing Chapter 1 in Separate Ways.

Transcript

The only reason I've taken on this mission is to get closer to my own objective. No matter what happens. I can't let anyone figure that out. Of course, hiding in the shadows isn't my style. I'll have to reveal myself to him and offer advice once in a while.

Here's what I know so far. Osmund Saddler's cult is known as Los Illuminados. They've resurrected some sort of parasitic organism they call Las Plagas. That's all my organization knows for sure, though Saddler's occult activities seem worthy of investigation.

The Salazar family, castellans for generations, possess the ability to control Las Plagas. The organization's hypothesis is that a unique frequency of sonic wave sensed only by the parasites is used to control them. The same principle used in dog whilstles.

This was inferred through the analysis of a tissue sample we retrieved. The tissue contained an organ presumably used for sensing sound waves. I've seen cult members carrying ceremonial rods and I wonder if they emit these sounds. Of course, this is purely theoretical.

The organization needs samples of the parasite to confirm of disprove these theories. That is the main objective of my mission and the only way to prove my loyalty to the organization. The opening moves in this chess game have been played. There's no turning back now.

成さねばならない真の目的。
私はそれへの足がかりとして,今回の任務についた。
すべてを終えるまで,誰にも真意を悟られてはいけない。
そして,ただ隠れまわっているだけでもだめだ。
時には彼らの前に姿を現し,道案内を施す必要がある。

まず,舞台背景について整理したい。
教祖オズムンド・サドラー率いる教団ロス・イルミナドス,そして彼らが封印から解き放ったという寄生生物プラーガ。
現段階で我々「組織」が把握している情報,サドラーの「秘術」について考察してみようと思う。

領主であるサラザール家が代々用いたとされる,プラーガを操る特殊能力。
我々は,これは音響あるいは音波による特殊意思伝達法ではないか,との仮説を立てている。
寄生体のみが感知できる音域で「命令」を伝え,意のままに操る。
簡単に言えば犬笛の原理だ。

この説は,独自に入手した寄生体の肉片から,音を感知するらしき器官が確認さ
れたことから推察されたものだ。
かつて教団の教祖らは皆,特別な祭祀用の杖を携帯していた。
これに何らかの仕掛けがあったのか,あるいは,特殊な音域を用いた発声法があるのか。
あくまで憶測の域を出ない仮説のため,確証はまだない。

それら検証も含め,「プラーガのサンプル入手」は,今回の任務において何よりも優先する事項だ。
それは「組織」に対して果たすべき私の信頼の証でもある。
駒は動き出し,カウントダウンは始まった。
もう後には引けない。

Gallery

Around Wikia's network

Random Wiki