Fandom

Resident Evil Wiki

Ada and Raccoon City

14,461articles on
this wiki
Add New Page
Talk0 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.


Ada and Raccoon City, known as Ada and the Raccoon incident (エイダとラクーン事件 Eida to rakūn jiken?) in the original script, is a file in Resident Evil 6. It can be found in Chapter 3 of the Ada Story.

Transcript

In 1998, Albert Wesker, Jake Muller's father, sent Ada Wong on a mission in Raccoon City to retrieve a sample of the G-Virus William Birkin was hoarding for himself. When William's wife Annette interfered with that mission, Ada used Leon Kennedy to have him unwittingly aid her. Ada then made her way back to Albert with a sample of the virus in hand.

In 2004, Albert ordered Ada to Europe to obtain a sample of the Las Plagas parasite. There she encountered Leon again and ended up stealing the parasite sample he had procured. She did not, however, hand the sample to Albert. She kept it for herself and went off the grid. She had her own intentions for keeping the virus. She was not going to allow herself to be a pawn in Albert's plan for global domination.

Ada eventually learned of Wesker's death in Africa. Below is a memo written by her during this time.

---

I just got word that the BSAA took down Wesker. I can't say that I'm saddened by this, but he was a large part of my plans while we were partners. I feel almost a slight emptiness inside.

He had a very large impact on many, and held the reins on bioterrorism. I'm interested to see how this changes things, but for now, I need to keep my eye on Simmons and his organization, The Family.

No matter what happens, I will never lose sight of my ultimate goal.

1998年、エイダ・ウォンはジェイク・ミューラーの父であるアルバート・ウェスカーからの依頼を受け、ラクーンシティに潜入していた。

エイダに課せられたオーダーは、シェリー・バーキンの実父ウィリアムが独占をもくろむ「G-ウィルス」を回収すること。オーダーの遂行にあたり、エイダは夫の開発したウィルスを渡すまいとするシェリーの母でありウィリアムの妻、アネットから妨害を受けるが、ラクーンシティで出会ったレオン・S・ケネディを利用してウィルスのサンプル入手に成功。ウェスカーの元へ帰還を果たした。

2004年、エイダはウェスカーからの指示を受け、寄生体「プラーガ」を入手するためヨーロッパの辺境へ赴く。そこでレオンと再会を果たしたエイダは、再びレオンを利用し、彼からプラーガのサンプルを奪取し、任務を遂行した。

その後、エイダはウェスカーにプラーガのサンプルを渡すことなく、自身の「真の目的」を達成するため、サンプルを持って逃亡する。エイダにとっては、ウィルスを使って世界を支配しようとしたウェスカーすら本当の目的を達成するための駒でしかなかったのだ。
やがてそのウェスカーも、BSAAとの戦いの末、アフリカにおいて命を落とす。“ウェスカー死す”の情報は間もなく裏社会を駆け巡り、エイダの耳にも入った。

そのとき、彼女が書き残したメモがある。

---

「ウェスカーがBSAAとの戦いの末に死んだ、との情報が入った。私の果たすべき真の目的のため、彼と組んでいた期間は短くない。悲しくはないが、あれほど強大な存在がいなくなったことに対して、わずかばかり空虚な気持ちを感じていることは、否定できない。
裏社会においてB.O.W.を浸透させ、その覇権を牛耳っていたウェスカーの死は、表裏問わず様々な勢力図を塗りかえることだろう。さしあたって、シモンズ率いるファミリーがどう動くのか、注意が必要だ。

ただ、どうなったところで、私の真の目的は何も変わらない今までも。そしてこれからも」

Also on Fandom

Random Wiki