Fandom

Resident Evil Wiki

biohazard 4

14,462articles on
this wiki
Add New Page
Talk0 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.

biohazard 4 is a ten-page short story written by Benny Matsuyama which is largely a novelization of Resident Evil 4. It is featured in the biohazard4 kaitaishinsho revised edition guidebook. Due to the status of Studio BentStuff and the Famitsu-Capcom partnership, Benny Matsuyama's works are to be accepted as part of the mainstream canon.

Plot

Transcripts

Chapter 1 Murder's nest

Chapter 2 Hideous Hallucination



    迎えのヘリが何者かの手で撃墜されたとの報せもたらされたのは、 救出したアシュリーを連れて村を出ようとした矢先のことだった。

"今、 次のヘリを準備しているわ。その間、 当初のヘリ降下ポイントに向かって"

    オペレーターのハニガンから、 地人事のように事務的な口調で指示が入る。

もちろん彼女は直接の面識もない他人でしかないが、 レオンにとって感情を削ぎ落とした対応はむしろありがたかった。

サポート役はいかなる時も、 常に冷静に局面を見ている印象を現場の人間に与えなくてはならない。

たとえ、 それがどれだけ絶望的な状況だとしても——。

    司令本部の混乱ぶりは容易に想像がてきた。

極秘で飛 び立ったはずのヘリの墜落は、 まだどこからか情報が漏洩し続けていることを意味している。

内通者の仕業なのか、 それとも通信回線に侵入を許しているのかは不明だが、 打つ手か筒 抜けでは代わりのヘリを飛ばすこともままならないだろう。

    そうした現状をおくびにも出さず、 淡々と連絡事項を伝えるハニガンに彼は好感を抱く。

そう、 生還の望みは限りなく薄い。

この辺境の村には想定外の事態が起きている。

否、 これは予測不可能の領域——あのラクーンシティの出来事と同じ、 狂気と背徳に満ちた人外の世の沙汰だった。

    異様な光景を、 レオンはすてに目にしている。

頭部を失って、 死んでいるはずの村人の首から、代わりに生え出た触手状の物体。

数条も伸びたそれは軟体生物のようにしなり、 そして先端を金属の刃のことく硬化させて、 明確な殺意をもってレオンに襲いかかった。

頭のない人間の身体を操りながら——。

    常識ではあり得ない生命体だった。

他の生物の体内に潜み、 中枢神経を乗っ取ってその行動を支配する驚異の寄生体——これまでの生物学では到底説明づけられないものがそこにいた。

    だが、レオンには理解できる。

この狂った事態を拒絶せず、 現実として受け容れることができる。

何故なら彼は、そうすることで地獄の街を生き延びた人間なのだから。

ラクーンシティで相手をしたのはゾンビだけではない。

もっと異形の、 醜怪な化け物に追われ、 幾度も行く手を阻まれた。

Chapter 3 Lost Piece

Chapter 4 Plague Origin

Chapter 5 Fiery Justice

EPILOGUE Dawn of the Life

Also on Fandom

Random Wiki