FANDOM


biohazard 4 is a ten-page short story written by Benny Matsuyama which is largely a novelization of Resident Evil 4. It is featured in the biohazard4 kaitaishinsho revised edition guidebook. Due to the status of Studio BentStuff and the Famitsu-Capcom partnership, Benny Matsuyama's works are to be accepted as part of the mainstream canon.

PlotEdit

PROLOGUE: Infernal DomainEdit

Opening with a prologue, the narrator describes the 1998 Raccoon City Destruction Incident as a day that could not be forgotten. The end of the Cold War and Collapse of the Soviet Union led to the dominance of the United States as a military and economic power. Faced with the spread of the t-Virus, a biological weapon that could turn people into cannibalistic murderers, Congress voted in favour of the "Sterilization Operation", a plan to bomb the city before other settlements could fall to the virus. The action killed 100,000 civilians, and exposed a deep fragility in the post-Cold War climate with the only case in then history of the United States being bombed by weapons of mass destruction.

Umbrella was condemned for its involvement in the incident, and suffered heavily on the stock market due to loss of consumer confidence. Along with the stock market crash came orders across the world which banned the company from doing business. Umbrella was finally shut down after a series of reports were filed on unethical human experimentation and various criminal activities.

Since Raccoon City, terrorism has become an increasing threat in the world, and the United States is becoming more confrontational when faced with groups supporting such ideologies. Umbrella had offered some semblance of stability to more fragile regions, and without it the world is starting to change once again.

Six years after the Raccoon City incident, Leon is being driven down an unpaved road through a forest. The wagon is being driven by two policemen who he departed from a precinct with several hours earlier. The trip so far has been disinteresting, with the only thing of note being loud flamenco music playing out of the car radio the entire trip with a bearded officer in the passenger seat occasionally singing. The two officers do not like their orders of guiding Leon towards their remote village destination.

Leon thinks back to his mission as they drive deeper into the fog. Several days prior, Ashley, daughter of the incumbent President Graham, was abducted. Such cases normally involve large search teams with hostage rescue experts. However, because of the nature of her abduction, it was clear there was a mole in the intelligence services and, consequently, large teams were not authorised in the event the mole would undermine such efforts. With the intelligence agencies busy investigating their agents, Leon was confirmed innocent and sent out.

The truck drives over a suspension bridge overlooking a ravine, marking the outskirts of the village. Leon is there to investigate an anonymously reported sighting of a girl matching Ashley's description. He believes it to be unlikely, as such a high profile kidnapping would be synonymous with an informal declaration of war. This, he finds, is not realistic for a region that appears to be two entire centuries behind the United States.

Chapter 1: Murder's NestEdit

As Leon is confronted by villagers armed with axes and sickles, he is reminded of his experiences against the zombies in Raccoon City. Leon, armed with his 9mm handgun, fires at a middle aged man. The man is struck and stumbles briefly. Shouting "matar", he continues towards Leon. None of the villagers are fazed by the eardrum-rupturing gunfire.

Leon is hesitant to kill the villagers. Unlike the zombies of Raccoon City they are not virus-ridden, brain damaged people only able to kill; they are still intelligent beings. The only thing keeping his finger on the trigger is the legal fiction that they are terrorists rather than unusually-aggressive civilians. Leon sees that a policeman has been murdered, and recognises that the locals must be viciously xenophobic. Given the farming tools they are armed with, it is evident to Leon they still live normal agrarian lives and only adopt pack instincts when strangers intrude into their territory. Leon hopes he can get the villagers to return to their sanity but is unconvinced of his chances.

The villagers continue to advance on Leon, taking the place of those who have fallen, experiencing no fear at all. Finally, Leon understands that these villagers have not simply gone mad for a brief moment - murder is their way of life. Leon takes shelter in a house, but hears a ladder being raised and smashing an upstairs window. An engine roars outside, attracting Leon's attention. Looking outside, he sees a man carrying a chainsaw, his head covered by a sack. As the villagers force their way inside the house, Leon jumps out of the window. A bell rings from a nearby church, alerting the villagers to abandon their attack and head over to it.

Chapter 2: Hideous Hallucination Edit

Leon struggles to comprehend how the helicopter was shot down, but quickly understands the implications soon after: either there is a spy actively leaking information to Los Iluminados, or if their radio frequencies are being monitored. Leon spots an unusual reaction take place to the body of a villager. With his head severed from his neck, he should be dead. However, a mollusc-like organism instead erupts from his neck and takes over the body. Armed with a metal-like blade on the end of a long tentacle, the organism moves the villager's body closer to Leon to allow for an attack. As a survivor of the Raccoon City Destruction Incident, Leon freely accepts this parasite's existence and the fact that it can control a human body. However, the situation is unpredictable and Leon is not totally confident of his chances of survival. Having experienced bizarre creatures before, Leon sees himself as more qualified with combating this parasitic threat than veteran soldiers.

Leon considers what he has seen of the villagers in the context of the recent discovery. The villagers are under the influence of the parasites which can enhance their bodies and take over brain functions in the event of an attack. Leon notes they do not experience fear, so are more likely to attack directly. Leon remembers the Plaga A that erupted from the villager's head, and experiences disturbing images of the creature doing the same out of his. Remembering that the cultists did something to him when captured, Leon considers that he and Ashley have been implanted with Plaga eggs. If those eggs hatch, Leon worries he and Ashley will also fall under the cult's control.

Chapter 3: Lost PieceEdit

Leon and Ashley explore the castle, found to be even more insane than the village. The two are lead to a hallway by virtue of no other routes. Leon sees the Ganados here as different from those in the villagers - the villagers he sees were an ignorant people kept small by their isolationist traditions and were preyed on by the cult, who has the real malicious intent. The smiles on the monks' faces send shivers down Leon's spine, and he sees the Garradores as the result of unethical experimentation into the effects Plagas have on the disabled. Through genetic manipulation, the cult has also been able to mutate people into the human-fly  "Novistador" hybrids, which no longer resemble people at all. In the face of this hell, Leon maintains the urge to fight on against these grotesque monsters to protect Ashley after she is captured.

Leon searches for her, finding himself in a guest bedroom. He has the strange feeling of a presence nearby as if someone were looking at him. Recalling the female silhouette shooting at Bitores earlier, he suspects this person to be nearby, and someone he can't forget. The woman makes her appearance with a gun pointing at him. Leon manages to use his acrobatic skills to kick the gun out of her hand and then points a knife in her face. Leon feels the potent memories of his time in Raccoon City where, as a rookie police officer in the chaos, he fell in love with a woman only to lose her right after in his last moments of youth before becoming a government agent. When the woman takes her sunglasses off, Leon recognises the two as the same person, Ada Wong.

Leon had previously heard that Ada Wong was still active through the intelligence gathering departments. However he was willing to pass them off as false information, as they also indicated her new allegiance to an apparent successor organization to Umbrella. Leon prefers to imagine her as dead, having died in his arms in Raccoon City than the possibility of her working for Umbrella. Nonetheless Leon stirs up the courage to ask her if she really does work for Albert Wesker, forcing back the emotions building up after their six years apart. Ada's sunglasses explode, and she disappears out the window.

Chapter 4: Plague OriginsEdit

Leon approaches a tower which, like the rest of the castle, is of a magnificent construction. Leon ponders whether it was built at a point in the past where the Salazar family were immensely prosperous, or if it is a modern construction and Ramon used the parasitised villagers as a labour force. Leon climbs the spiral staircase, pondering the threat the Plagas pose to the world. He considers that the villagers' obsession with protecting their land from foreigners is more to do with their isolationist culture, and that parasitised city-dwellers could live undetected as the parasite begins to spread across the world. Because of this, a sterilisation operation akin to what happened in Raccoon City is unthinkable - it would be impossible to be certain the infestation would progress to justify it.

As Leon climbs higher, he thinks more on Salazar, and how a child-sized young man like him could possibly have been important enough for Saddler to need for his plans, or how he could willingly submit to the parasite. Leon realises that, while the general concept of a monarchy is antiquated in the 21st Century, it makes sense to see him as a feudal lord with enough influence over the region that the villagers would have had to swear loyalty to him as part of their traditions. In response to this, he would also have an obligation to look after his tenants, keeping their region safe from foreign aggressors. Leon does not approve of this relationship, as this mode of protectionism became obsolete when nationstates developed standing armies. In modern times, Ramon would just be an aristocrat sucking the blood of the poor. Leon is aware that an earlier member of the Salazar family sealed the Plaga parasites after destroying Los Iluminados, and that Ramon was seduced by Saddler's charm into releasing them.

Leon reaches a cargo elevator and kills several Ganados. He weighs the morality of killing these people, who are victims of the parasites. Leon does his best to suppress any guilt, and avoids seeing himself as a murder by considering that the Ganados were dead the moment the parasites took over. Reaching the top of the tower, Leon opens a large door to find Ramon and the Queen Plaga, the 'mother' of the parasites. Ramon allows the Queen to absorb his body into it.

Chapter 5: Fiery JusticeEdit

EPILOGUE: Dawn of the LifeEdit

The battle is over, and Leon rides out into the lake as the sun rises through the morning fog. Leon's mission has ended in success: Ashley has been rescued, and the Plaga in her has been destroyed, ending Los Iluminados' plans. The cult, which had planned to dominate the United States through the Plagas, has collapsed with its leaders dead, the Grim Reaper having harvested them with his scythe and dragged them to the very bottom of hell as a fitting reward for their crimes. Leon is immensely fatigued after his experiences, his overworked body ready to collapse. Leon looks out to the morning sun, finding it to be different in some way to the sun he gazed at when he escaped Raccoon City. After the six years since his experience in Raccoon City, Leon has finally come to terms with the horrors he saw and is ready to move on. Leon pilots the jet ski further out into the lake, taking Ashley with him far away from the island.

On the home of Los Iluminados - the island - the laboratory where the experiments to genetically modify the Plagas as bio-weapons has been enveloped in flames and burnt to ashes. The explosives were set off by Ada Wong's organization. Leon wonders if the man he fought could even be called Osmund Saddler. The cult's supreme leader was implanted with a specially-modified Plaga capable of preserving human consciousness, but his body was certainly inhuman. During the fight the Plaga had mutated and become the dominant body, with Saddler a mere appendange. Leon remarks on the irony of their master-slave relationship having been reversed in the end.

Thinking about the Plagas, Leon considers it to be fortunate that someone like Saddler, who wanted to use them for world domination, found them in their dormant condition, as the fact they were sealed in the castle to end an epidemic demonstrates how fast they could have spread. However, due to the social nature of the parasites, a global spread of them could have ensured peace and stability on Earth. Leon casts this thought aside, though thinks more on Los Iluminados' belief that the Plagas were necessary to save mankind from extinction, that their ideal was perverted.

Ada has escaped the island with an improved Plaga specimen, which could usher in another evil comparable to Saddler. Leon considers this to be a pessimistic thought and pushes it aside; he knows in his heart Ada is not really working for Wesker and won't allow such a thing to happen. Leon knows they will meet again in the future, and with her by his side he will fight through hell and back again and again. Leon drives out, relieved that he can no longer consider Ada to have been lost in his dark memories of the Raccoon City tragedy.

TranscriptsEdit

    今から6年前——1998年10月1日のことを、 忘れてしまえる者がただのひとりでもいるだろうか?
    それは、何もかもを一変させた日だった
東西冷戦の構図が崩壊して以来、飛び抜けた軍事力と経済力で世界をリードしてきたその国の、踏みにじられたことのない本土の一部が失われた日。
強固であるはずの世界の枠組みが、ふとした拍子に崩れる脆弱なものであるのだと、誰もが気づいてしまった日。
    その日、アメリカ中西部の小都市・ラクーンシティは、十万の市民とともに地上から消滅した。
人間を人喰いの怪物へと変貌させる生物兵器・T-ウィルスの漏出が引き起こした未曾有の大惨事——市民のほとんどがゾンビ化した地獄のような街に、さらなる感染拡大を恐れた連邦議会はミサイルによる『滅菌作戦』を決断したのだった。
史上初めて、大量破壊兵器が合衆国内に使用され、市全域が巨大に火柱と熱風によって浄化された。
まるで、神罰を受けた罪業の街ソドムのように。
    元凶たるアンブレラ社もまた、怒れる市場の鉄槌により断罪された。
全世界規模の業務停止命令に伴う株価の大暴落は、莫大な資本で武装した巨大企業の息の根さえも完全に止めるものだった。
恒常的に行なわれていた非合法活動・非人道的犯罪行為の数々も白日のもとにさらされ、アンブレラという組織は解体を余儀なくされた。
”悪”はおぞましい兵器とともに存在を抹消された——そのように思えた。
    だが、刻まれた記憶は消えない。
ラクーンシティで起きたことを、さかのぼって消去する術はない。
超大国アメリカが揺らぎ得るという事実も。
    以来、 世界にはテロリズムの影が濃さを増した。
アメリカはより強 くあろうとし、 虚勢がイデオロギーの対立を激化させる。
火種は各地でくすぶり、 アンブレラが持っていたカを渇望する者たちが、その間隙を縫って暗躍する。
    あの日、 確かに世界は変わってしまったのだ。
    そして、 死都から逃れた者たちの運命も、また——。



    昼だというのに、 厚く連なる雲が景色を陰鬱に染める。
    未舗装の林道に入ってからは、 霧が薄く視界を覆い始めていた。
路面の凹凸がひどく、 型遅れワゴンのくたびれたサスペンションでは、 伝わってくる衝撃をほとんど吸収できない。
 
    後部座席でいつ果てるとも知れめ単調な景色を眺めていたレオン・S・ケネディは、後輪が一際大きなギャップに乗り上げた瞬間に頬杖を外されて、思わず小声で悪態をついた。
運転している警官が、眼鏡越しにバックミラーを覗いて微かに嗤う。
いい気味だ、とでも言いたげな表情だった。

    車内には、警察署を出でからもう何時間も、レオンにはどれも同じように聞こえるフラメンコ・ミュージックが大音量で垂れ流されていた。
景気良く掻き鳴らされるギターの調べとカスタネットのリズムに乗って、どこか哀調を帯びた歌唱が響き渡る。
助手席に座る髭面の警官が、時折気たるそうに掛け声を合わせて歌い、また黙り込む。

    ふたりとも、 乗り気でないのは明らかだった。
上司に同行を命じられ、 嫌々レオンの案内役を務める羽目になったのだ。
しかも、地元の警察署員でおる彼らでさえ赴いたことのない、 お楽しみは何も期待できない僻地の寒村が目的地とうっては、腐るのも無理のないところだった。
    ——八つ当たりなんて冗談じゃないぜ。

    ため息をひとつ漏らして、レオンは再び視線を窓の外に戻す。
霧が濃くなりつつあった。
彼に与えられたこの任務を象徴するかのように。

    アメリカ大統領の娘アシュリー・グラハムが何者かに誘拐されて、すでに数日が経過していた。
その捜索とが、合衆国エージェントとして活動するレオンに下された指令である。

    本来なら、大規模な捜索チームと人質救出の特殊訓練を受けた人員を投入すべきケースであり、彼のようなエージェントが単独で派遣される任務ではない。
しかし、この誘拐は明らかに、極めて秘匿性の高い内部情報をもとにして実行されていた。
即ち、重要なデータにアクセスできる裏切り者が存在する――それが誰なのかを特定できない限り、多人数の部隊編成はさらなる事態の悪化を招きかねなかった。

    そこで、 レオンに白羽の矢が立った。 アシュリーが誘拐されなければそのまま彼女の警護役に着任する予定だったため、 すでに長期にわたり思想や経歴・背景をチェックされ、 政府から見て信頼できる人間であることが完全に証明されていたのだ。 加えてその任務遂行能力の高さも、 過去のある事件によって裏付けられている。 この状況下では派遣に打ってつけの人間であった。

    ――地獄からの生還者、 か。 とんだ十字架だ。

    レオンは心の中で自嘲気味につぶやく。 たった一日、 新人警官として着任したあの街で、 彼は一生ぶんの感情を吐き出してしまったように思えた。 悪夢のほうがまだましな地獄を生き延びて、 しかしそれまえの、 青春の煌めきなまとった二十一歳のレオンは死んだ。 あの日以来、 心の奥底には巨大な空洞があって、 轟々と虚ろな音を響かせているのだった。

    ワゴンが渓谷に架けられた吊り橋を渡り、 ようやく停止する。 少し先に、 目的の村の外縁になるであろうみすぼらしい民家があった。

    このヨーロッパの片田舎で、 アシュリーらしき娘が目撃されたという情報の信憑性を、 レオンは極めて低いと見なしている。 恐らくは聞き込みだけの無駄足に終わるだろう。 合衆国大統領の娘を誘拐するということは、 最強の国家に宣戦布告するのと限りなく同義なのだ。 この、 二世紀も時代から取り残されたような地域とは無縁の犯罪だと、 彼には思えた。

    思えば、 そこが入口だった。 狂気と恐怖がはびこる、 人ならぬものが支配する領土への越境――。

    レオンの背後から、 ざわざわと気配が立ち上る。 境界を踏み越えた異物を排除すべく、 数多の殺意が集結する。

    新たなる厄災の地に、 今、 ラクーンシティの生き残りが足を踏み入れる。

    惨劇の幕は、 すでに上がっていた――。

    強い既視感に、 レオンはめまいを覚えたかに視界をぐらつかせた。
    今も消えない、 そして生涯忘れないであろう、 この世の地獄で刻まれた記憶――亡者が街路にあふれ、 途切れぬうねりとなってすべてを飲み込んだラクーンシティの惨禍が、 二垂写しとなって眼前の光景に垂なる。 絶叫し、 斧や鎌を振り上げて殺到する村人の群れに――。
    震えそうになる右の人差し指を、 寄せた眉間から送り込んだ気力で強引に動かす。 引き寄せる。 指の腹に触れる拳統のトリガーとともに。
    曇天に響く乾いた作裂音とともに、 統ロから9ミリパラベラム弾が射出された。 それは正確に、 レオンの視線をたどって飛挧する。
    続弾は狙い違わず、 迫り来る一群の先頭で手斧を投げつけようと振りかぶる中年男の肩を撃ち抜いた。 男は身体を大きく傾がせ、 苦痛の叫びをあげて足を止める。
    だが、 それは一瞬のことでしかなかった。
    「Matar……」
    濁った目をレオンに向け、 殺意をこめた呪詛を漏らして中年男は再び前進を開始する。 故意に急所を外してはいるものの、 銃弾は貴通性を抑えてストッピング・パワーを重視した形状で、 撃ち込まれれば働撃と痛みで動くことなどできなくなるはずであった。 感覚が麻痺しているとしか思えぬ、 異常なまでの頑健さである。
    そもそも、 レオンはこの射撃を暴徒集団への威嚇のつもりで行だっていた。 鼓膜を撃つ銃声と、 先陣を切って進む者を制圧することによって、 何らかの理由――恐らくは狂熱的な集団心理で凶暴化したと思われる村人を正気に戻そうと考えたのだ。
    できれば殺したくはない。 その意識がレオンの根底にあった。 あの時とは違う。 今、 彼が相手にしているのは人間だった。 兵器として開発されたウィルスに昌され、 人としての思考力を完全に失ったゾンビではない。
    無論、 合衆国エージェントとして訓練を受けたレオンには、 罪なき人々に被害を拡大するであろう犯罪者やテロリストと対峙した際に、 躊躇なく彼らを排除する覚悟がある。 もし、 それで危険にさらされた市民を教うことができるなら、 迷わず引き金を引き絞れる強靭な精神の持ち主だった。
    しかし、 すでに同行した警官のひとりを殺害しているとは言え、 村人はその地で社会生活を営んでいる者たちである。 手にした武器も、 ほんの少し前までは日常の作業に使われていた道具に過ぎない。 この異国の片田舎にあっては、 レオンこそが紛れ込んだ異物であって、 絶対の正義の代弁者ではないのも事実だった。
    だからこそ、 彼は村人の目を覚まそうとした。 正気に戻りさえすれば、 あとは法に則って罪を償わせればいい。 この場で断罪の銃弾を浴びせかけることに意味などない。 レオンはそう信じたかった。
    だが――。
    彼らは止まらかった。 男が統弾を受けてよろめいた瞬間も、 後続の暴徒たちはわずかも怯まず、 その男を追い抜いて我先にと追ってくる。 撃たれることなどまるで意に介していないかのように。
    ようやくレオンは気づいた。 彼らの目に浮かんでいるのは、 日常を暴逸脱する興奮でも、 闖入者に対する異常な恐怖心でもない。 さながら、 何の感情も宿しておらぬ昆虫の目であった。 農作業や薪割りと同じレベルで、 テリトリーを侵した存在を機械的に排除する、 熱を帯びない静かな殺意。 それは決して醒めることのない狂気だった。彼らは暴徒ではない。 よそ者を狩り殺すのは、 この村の者たちにとって当たり前の生活の一部だったのだ。
    警告が何の意味も持たないことを悟り、レオンは踵を返して脱克のごとく走り出す。 背後からの風切り音に首を傾けると、 斧が耳をかすめるように通過し、 前方の小屋の扉に深々と食い込んだ。
    走る速度を殺さずにそれを識り開けて、 素早く内部の様子を確かめる。 セオリーからすれば建物に立て籠もるのは愚の骨頂だったが、 すでに周辺建造物の構造は頭に入っていた。 梯子の存在を認識すると同時に中に飛び込み、 追いすがる村人が入口に達する前に、 階上へと駆け上がる。
    窓から周囲を見回して、 レオンは再び強烈な既視感に襲われた。
    男女を問わず、 思い思いの凶器を手にした村人が集結しつつあった。 一様に虚ろな表情で接近する彼らは、 6年前、 ラクーンシティを行進した死者の群れを彷彿とさせる。 あの日との境界が朧になり、 融け始めているのをレオンは目覚した。
    梯子を昇ってくる者の気配がする。 すぐにも動きたい衝動を抑えて、 彼は群がる村人を充分に引きつけた。 そして、 その鍛えられた肉体を窓の外に躍らせ、 隣家の屋根へと着地する。 それで包囲は破れるはずだった。
    すぐ近くで、 急激にスロットルを開けられたエンジンが悶えるような唸りをあげる。 振り向くレオンが見たのは、 伐採用の大型チェーンソーを振りかざして駆け寄ってくる男だった。 その頭部にはずだ袋が被せられ、 穴からあの目だけが覗いている。 切り刻むべき獲物に、 注がれている。
    生き残るためには、 もはや殺し合うほかにない。 そう判断した瞬間に、 レオンはふたつの穴の間に銃口を向け、 発砲した。 巨大なハンターで殴られたようにのけぞり、 男はチェーンソーごと屋根の緑を越えて落下していく。少しでもためらいがあれば、 高速回転する刄で落下をずたずたに裂かれていたであろうタイミングであった。
    屋根から飛び降り、 間髪を容れずに疾走を開始する。あちこちで再包囲の号令が乱れ飛ぶが、 閉じようとする輪はすでに背後にあった。
    ――俺はまた、 地獄に足を踏み入れている。 血でぬかるんだ、 狂気なしには渡れない泥の沼だ。
    追っ手を振り切り、 村の北に_るレオンの耳に陰鬱な鐘の音が届く。 それはまるで、 侵入者の未来に捧げられた弔鐘のように不吉に響き渡った。
    全世界を揺るがす恐怖が、 その辺境の地からあふれ出そうとしていることを、 彼はまだ、 知るべくもない……。

    迎えのヘリが何者かの手で撃墜されたとの報せもたらされたのは、 救出したアシュリーを連れて村を出ようとした矢先のことだった。
"今、 次のヘリを準備しているわ。その間、 当初のヘリ降下ポイントに向かって"
    オペレーターのハニガンから、 地人事のように事務的な口調で指示が入る。 もちろん彼女は直接の面識もない他人でしかないが、 レオンにとって感情を削ぎ落とした対応はむしろありがたかった。 サポート役はいかなる時も、 常に冷静に局面を見ている印象を現場の人間に与えなくてはならない。 たとえ、 それがどれだけ絶望的な状況だとしても——。
    司令本部の混乱ぶりは容易に想像がてきた。 極秘で飛 び立ったはずのヘリの墜落は、 まだどこからか情報が漏洩し続けていることを意味している。 内通者の仕業なのか、 それとも通信回線に侵入を許しているのかは不明だが、 打つ手か筒 抜けでは代わりのヘリを飛ばすこともままならないだろう。
    そうした現状をおくびにも出さず、 淡々と連絡事項を伝えるハニガンに彼は好感を抱く。 そう、 生還の望みは限りなく薄い。 この辺境の村には想定外の事態が起きている。 否、 これは予測不可能の領域——あのラクーンシティの出来事と同じ、 狂気と背徳に満ちた人外の世の沙汰だった。
    異様な光景を、 レオンはすてに目にしている。 頭部を失って、 死んでいるはずの村人の首から、代わりに生え出た触手状の物体。 数条も伸びたそれは軟体生物のようにしなり、 そして先端を金属の刃のことく硬化させて、 明確な殺意をもってレオンに襲いかかった。 頭のない人間の身体を操りながら——。
    常識ではあり得ない生命体だった。 他の生物の体内に潜み、 中枢神経を乗っ取ってその行動を支配する驚異の寄生体——これまでの生物学では到底説明づけられないものがそこにいた。
    だが、レオンには理解できる。 この狂った事態を拒絶せず、 現実として受け容れることができる。 何故なら彼は、そうすることで地獄の街を生き延びた人間なのだから。 ラクーンシティで相手をしたのはゾンビだけではない。 もっと異形の、 醜怪な化け物に追われ、 幾度も行く手を阻まれた。 それを人間の力で退け、 レオンは今に生きている。
    だからその精神は、 恐怖へと逃避することがない。 想像を絶する窮地において最も必要な、 未知なる恐怖に立ち向かう強靭な意志を彼は獲得していた。 数多の戦場を生き抜いた勇猛な歴戦の兵士であっても、 今の状況にあってはレオンの生存能力の足元にも及ばないだろう。
    異常事態への、 全人類の中でもトップクラスの適を備えたそのレオンが、 しかし今回の任務遂行は至難であろうと考えている。 彼が対処しなければならないもの――即ちこの村の住人に取り憑いている謎の生物は、 それほどまでに剣呑な存在であった。
    レオンが見る限り、 寄生された人間は凄まじいまでの生命力を発揮するようだった。 痛覚を麻痺させ、 また宿主の代謝機能を増幅する物質を分泌しているのか、 村人たちは数発の銃弾を浴びても意に介さずに立ち上がってくる。 普通の人間なら急所であるはずの頭部への銃撃も、 人の脳が補助的な役割しか果たさなくなっているため即死には至らない。 そしてこの脳機能が矢われれば、 胴体に潜んでいた寄生体が感覚器官として露出し、 より凶暴な個体として再度活動を始めるのである。 充分な火力が用意できなければ、 到底太刀打ちできぬ怪物であった。
    それ以上に厄介なのが、 彼らが人間としての社会性を残していることだった。 異質な生命体に身体を乗っ取られながらも、 村人たちは多少不自然な程度で、 人間だった時の生活を続けることができた。 共同性の強い人類という種族ならではの、 複雑な言語を用いての意志の疎通までが可能であったのだ。
    人を超える身体機能を持ち、 人の知性を残して組織だった行動を取る化け物たちの群れ――しかも彼らは、 死を恐れない。 それはレオンでさえも戦慄を禁じ得ない集団だった。 彼とアシュリーを包囲する、 地の底より湧き出した不死の軍勢であった。
    そして――。
    少し前に視た、 身の毛のよだつ幻覚が脳裏に蘇る。 自身の中枢で、 致命的な何かがふ_するイメージ。 ざわざわと多数の脚を蠢かせ、 誕生した小さな支配者は皮下を這い回る。 不浄の毒液を撒き散らし、 レオンだったものを別の生き物へと変貌させていく。
    自分の頭があった場所に、 あの触手がくねっている。 蟷螂の腹から飛び出じた針金状の寄生虫のように、 吐き気を催す乱舞を繰り広げる……。
    急激にこみ上げる恐怖を抑え、 叫びを喉の奥で圧し殺して、 彼は幻影を振り払った。 だが、 時が経てば幻は現実となる。 レオンとアシュリーにはでに、 この地獄の宴を主催するカルト教団ロス・イルミナドスによって寄生生物の卵が植えつけられていたのだ。 そして恐らくはもう、 孵っている。 ふたりを操り人形にするべく、 根を張り始めている。
    ――仮に村から逃げ出せたとしても、 この寄生虫を取り除けなければ俺たちはおしまいだ。 ロス・イルミナドスがこいつを支配の道具として使っているのなら、 必ず除去の手段も用意されているはずだが……。
    成長しきってしまえばそれも不可能だろう。 脱出するだけでなく、 限られた時間の中で寄生体を駆除する方法も見つけ出さなければならないという、 あまりにも困難な状況に彼は通信機を屋り締め、 雨が滴る暗い空を仰いだ。
    「……レオン?
    要人の娘であるという自覚からか気丈を装っているが、 傍らで救出者を見つめるアシュリーの声は震えていた。 それが消沈したレオンを奮い立たせる。 6年前のあの日、 ウィルスに感染した少女を救うために奔走した記憶が支えとなった。 諦めこそが最大の敵なのどと、 彼は経験し、 知り抜いている。
    不敵に笑いかけてやる。 このちょっとした表情っがどれだけ彼女を安心させるか、 レオンには解っていた。
    無言でアシュリーを促し、 すでに落とされたものとは別の橋を渡り始めながらレオンは思う。
    ――この娘を、 必ず守り抜いてやろう。 教団からも、 あの汚らわしい虫からもだ。
    心の奥の空洞に、 静かに火が灯る。 レオン自身も知らぬ、 決して吹き消されることのない不屈の炎が絶望の闇を溶かしていく。

    レオンとアシュリーが逃げ込んだ古城は、 さらに濃縮された狂気を絵筆に含ませ、 暴力的働動に任せて塗りたくったかのごときグロテスクさに満ちていた。 彼らは他に選択肢を見出せぬまま、 この悪趣味な博覧会場へと誘い込まれてしまったのだ。
    そこに巣喰っているのは、 閉ざされた社会で無知と因習の犠牲となった村人とは一線を画す、 明確な ”悪意” を抱いた信たちだった 寄生生物プラーガによってもたらされるカを信奉し、 人の持つべき理性を捨てることを選択した邪教集団ロス・イルミナどすの狂信者たち。 思考を乗っ取たれた肉人形と化しながら、 一様に無表情な顔には時折、 レオンの背筋を凍らせる至福の笑みが浮かぶ。 解放を願うことさえ許されない、 魂までも啖い尽くすプラーガの恐るべき本質がそこに表れていた。
    さらにはこの寄生体が秘める、 宿主の生命を強カに維持しようとする性質を利用して誕生させられた、 見るも無惨なものたちが存在した。
    それらは寄生された被験者が簡単には死なないことから、 通常では考えられぬでたらめた薬物投与・遺伝子改造を繰り返し施されていた。 凶暴性が増して一切の制御を受けつけなくたったために視覚を奪われ、聴覚のみを頼りにどこまでも獲物を追う殺戮機械として育成された鉤爪ガラドール。 また、 多種の虫の遺伝子を組み込まれた果てに、 もはや原型も留めぬ姿に変貌した昆虫人間ノビスタドール。人が悪しき欲望を解き放つと、 こうまで悪魔じみた人体実験を行なえるのかと、 すでに地獄を覗いてきたはずのレオンが慄然とする、 要夢の産物がそこかしこを徘徊していた。
    罠によってアシュリーと引き離されたことが集燥を強める。そもそも、 彼女には何らの罪科もない。 合衆国大統領の娘という理由だけでこの遠隔の地へとさらわれ、 二十歳の若さで人の悪意と血糊で彩られた地獄を見せつけられているのだ。 一刻も早く、 救い出してやらなければならなかった。
    心に空いた虚ろは、 今や慎怒の炎と強い使命感とで満たちれていた。 エージェントとして生きていこうと、 レオンから望んだことはない。 ただ、 困難な任務に立ち向かう時、 彼の心には否宝しがたい充足があった。 生き延びる代償として刻まれた、 決して癒せぬ喪失を忘れることができた。
    しかし――
    その心火が揺らぎ、 消えかける。 無闇に広い城の、 かつては来賓用に使われていたと思しき寝室のひとつで。
    背後に忍び寄る気配を察知した瞬間から、 レオンはある予感があた。
    村での行動を起こして以来、 しばしば何者かの視線が注がれていることに彼は気づいていう。 教団に属する者ではない。 事実、 レオンは一度、 巨漠の怪物村長ビトレス・メンデスに追い詰められた際に、 第三者の銃撃によって命を教われている。 あの時、 窓の外をわずかによぎったのは、 確かに女のシルエットだった。 忘れ得ぬ記憶を呼び覚ます、 しなやかに視界の外へと消え去った影。
    その影との、 寝室での刹那の攻防があった。 レオンが奪い取ろうとした銃を蹴り上げ、 再び手にしようとする女。 その銃口が向けられるよりもわずかに早く、 彼の抜き放ったアーミーナイフは女の頸動脈に添えられた。 瞬時に高まり、 鎮まったふたりの呼吸が、 ぶつかり合う激情の余韻を室内に留る。 愛の交歓よりも濃密な、 極限の状況で生まれる熱抂の残り香を。
    それをあの日、 地獄の釜の底でレオンは確かに感じた。仆け物が溢れて飽和したラクーンシティ審判の日、 若き新人警官はそこで愛を知り、 そして残酷なまでに奪われたのだ。 もう二度とは戻らない、 心の空洞にはまっていた青春の幻影を――。
    だからこそ、 対峙する女がサングラスを外すまで、 レオンには信じることができなかった。 あの時、 彼を助けるために命を落としたはずの女と――愛した女と再び巡り逢ったことを。
「レオン。 久しぶりね」
    エイダ・ウォンがそこにいた。 修羅場に似つかわしくないチャイナドレスに身を包み、 ふたりを隔てた歳月を感いじさせぬ美しさで妖艶に微笑む。 それが初対面であったとしても思わず警戒をゆるめてしまうであろう、 男を惑わせる天与の美貌が彼女には備わっていた。
「エイダ......?」
    失われたピースを目の前にして、 レオンの心は―瞬に充たされかける。 使命も、 悪への怒りも、 アシュリーのことも――すべてがエイダに取って代わられそうになる。
    エイダらしき女スパイが生存しているという情報は、 諜報部を通じてレオンの耳にも入ってきていた。 アンブレラの残覚とも言うべき組織に加入したとの噂も。 だが、 彼は信じようとはしなかった。 自分の腕の中で息絶えたエイダの記憶が、 その昏が囁いた愛が嘘偽りであるはずがない――そう頑なに拒絶してきた。
    ゆえに、 凄まじいまでの反動がレオンを襲う。 何もかもを忘れて、 エイダを抱き寄せてしまいたかった。 6年間の空白を一息に埋め、 渇きを癒したいという働動が湧き起こる。
    それを押しとどめたのは、 エイダだった。 雌豹のようにしたたかな瞳が、 言葉よりも遙かに雄豹に語りかける。 がっかりさせないで、 レオン。 私たちが歩む道はそうじゃない。 これだけの時間を経て再会した私たちに相応しい、 貴男の成長を私に見せて。
    ――そうだな、 エイダ。 安の中の幻より、 君はずっと輝きを增した。 俺たちがここで交わすべきは、 馴れ合いの言葉なんかじゃ決してない。
    喉まで出かかった、 安ったばい愛と歓喜を飲み込み、 レオンは緊張を解かずに問う。
「ウェスカーの組織に入ったらしいな」
「よく知ってるわね」
    それでいいわ――レオンにはそう聞こえた。 任務を成し遂げるのに必要な、 消えかけた闘志の炎がより勢いを増して戻ってくる。 彼女は導師だった。 彼が地獄でもがく時、 どうすべきかを示してくれる導き手だった。
    数秒後、 エイダが捨てたサングラスが閃光を放ち、 彼女は夜の闇へと鮮やかに溶けた。
    しばし、 レオンはエイダが消えた窓を見つある。 夜明けはまだ遠い。 ふたりの立つ位置は、 さらに。
    しかし悲傷はない。 複雑に過を巻く感情は、 彼にとって希望と同義だった。 幻を追う空から、 レオンはようやく解き放たれようとしていた。

    天を衝くがごときその搭もまた、 豪壮な城と同じく、 サラザール家が栄耀を極めた過去の時代に建造されたものなのか。
    ――それともこの二十一世紀に、 時代錯誤にも石材を積んで建て増したのか? プラーガに冒され、 従順な奴隷になった連中の労働力を利用して?
    搭の内壁に沿って螺旋を描く階段を駆け上がりながらレオンはこの馬鹿げた権力の象徴に憤りを覚える。 人間ではなくなったものを従えて、 人を捨てた統治者は何をしようというのか? 湧き起こる感情の波が、 村に乗り込んで以来酷使され続けて悲鳴を上げる肉体を何とか抑え込む。 立ち止まってしまいそうな足に、 次の一歩、 さらに続く一歩を踏み出すための活力を奇跡のように送り込む。
    搭を昇リ詰めた先に何が待つのか、 まれレオンには判らない。 だが、 このヨーロッパの片田舎に繁吹いた厄災を放置すれば、 どんな事態が引き起こされるのかは解っていた。
    寄生生物プラーガが本格的に繁殖を開始し、 それが世界中に拡散し始めたなら、 もはや人類に対抗する術はない。 宿主、 ガナードとなった者たちは、 地域住民の結びつきが強い土地ではその言動の不自然さを看破されるだろうが、隣人にさえ無関心な大都市においては容易に隠れ潜むことができる。 拳銃程度では太刀打ちできない猛獣のごとき生物が、 社会に溶け込みながら仲間を殖やしていくのだ。 仮にそれが判明したとしても、 人間と怪物がまだらに混在する大都市に、 ラクーンシティに行なったような破壊兵器による根絶作戦は実行しようがない。 そしてその静かな侵略は、 いずれ国家の中枢までも蝕んでいくだろう。 より高度な偽装のできる寄生体を植えつけられるか、 あるいは自分の意志でサドラーに服従し、 人間の意識を保ったまま怪物となる支配種プラーガを与えられた要人が加担することで......
    それは力と引き替えに、 悪魔に魂を売り渡すのと同じ行為であった。 まして、 社会に対し賁任を負う地位にある者が望むなど、 あってはならぬことだとレオンは思う。
    だが、 権カに固執する人間ほど、 新たに獲得できるであろう力の誘惑に屈しやすいのもまた事実であった。 その顕著な実例が、 レオンの向かう先にいる。 この搭の頂で、 アシュリーに洗礼と称する不浄な儀式を行なおうとしている。
    子供と見紛う短躯と老人めいた容貌を持ち、 甲高い声でイルミナドス教団への忠誠をさえずる道化のような青年――ラモン・サラザール。 禍々しい力に酔いしれるその様子を思い出し、 レオンの中に抑えがたい嫌悪が首をもたげる。 この若き城主が率先してオズムンド・サドラーの企みに乗ったことが、 事態をここまで悪化させたのだと彼は断じる。
    ラモンはこの辺境地方を古くから統治してきた領主の末裔で、 そうした君主制のほとんどが廃された二十一世紀の現代も、生産性のある広大な土地を独占することで実質的な支配を続けてきた一族の当主だった。 この地の王であると言っても良い。 村人たちは生まれついた時から、 サラザール家に臣従を誓わなければならなかった。 故郷を捨てる決心をしなければ、 土地に連綿と続く因習からは逃れられない。
    そうした高い地位と統治権・財を搾取する権限の代わりに、 貴族は本来、 領民を守る義務を背負っている。 彼らは略奪を目論む外敵を武力をもって排除し、 領内の罪を公正に裁き、 民を善良に、 平和な暮らしへと導いていかなくてはならなかった。 理想論ではあるが、 すでに果たすべき義務のほとんどを法治国家の機能に譲り渡した現代であるからこそ、 旧来の生活を続ける領主は自らを厳しく律さなければならない。 そうでなければこの辺境の地の貴族など、 貧しい民から血を吸い上げる寄生虫に過ぎないのだ。
    かつてのサラザール家は、 土着の危険生物であるプラーガを封印し、 またその力を_める邪教集団ロス・イルミナドスを弾圧した、 言うなれば名君の血筋であった。 狡猾なカリスマたるサドラーにそそのかされたとは言え、 その当代であるラモンが禁を破ってプラーガを解き放ち、 罪のない村人たちを生け差として出し出したことに、 レオンは言いようのない怒りを覚えるのだった。
    行く手を阻む、 数え切れぬほどの邪教徒が銃弾の嵐の中に斃れていく。 階段に累々と積み重なり、 また貨物用昇降機からエントランスホールまで落下して潰れた肉塊と化す。 彼らは育識をプラーガに乗っ取られた時点で紛れもなく死者であったが、 改めて肉体的な死を替える己の行為を、 レオンは救済という言葉にはすり替えられなかった。 あくまで任務を遂行するため、 自分の生命を守るために、 人であったものに鉛の弾を撃ち込んでいるのだという自覚が常にある。 不快だった。 戦場に正義などない。だからこそここは地獄なのだ。 殺人狂ではないレオンにとって、 教団の犠牲者たちの死は消えぬ罪となって蓄積する。 噴き出す血飛沫が、 彼を次第に赤く赤く染め上げていく。 悪鬼を平らげる冥府の魔神のように、 深紅に――。
    死せる者たちの無念を引き受けて生きる覚悟が、 彼にはある。 だが、 その幾ばくかは、 必ず真の悪に届けてやらなくてはならない。 今もどこかでほくそ笑んでいるオズムンド・サドラーに。 そしてラモンに。 ことここに及んでまだサラザール家当主に果たすべき責務が残っているとすれば、 それは平穏に生きる権利さえ奪われた領民の怨嗟を、 レオンが放つ銃弾の形でその身にたっぷりと受け止めることであった。
    外側へと移った階段を、 霧を含んだ夜気を浴びながら駆け上がる。
    そこが塔の最上層であった。 轟々と風が鳴っている。 どれだけ昇ろうとも、 塔は天に続いてはおらぬ。 屍の山に立ち、 邪な力を掴もうとする没落貴族の野望もまた。
    両開きの大扉の内側――礼拝堂を思わせる、 ドーム状の天井を持つ空間には、 人間の脳に刷り込まれている原初の恐怖を呼び覚ます存在がいた。 壁のすべてに根を張り、 粘液を滴らせて淫らに蠢く、 植物とも軟体動物ともつかぬ巨大な物体、 それはすべてのプラーガの母だった。 地の底より甦った、 触れてはならない厄災の根源であった。「あなたの強い意志に対して、 私も敬意を払ってあげましょう」
    くねる触手に身を委ね、 花弁状の核に迎え入れられながらラモンが哄笑する。 すでに異形と化した側近とともに、 狂君主はプラーガの女王との融合を開始した。
    レオンの背後で、 鉄格子が重々しく降りる。
    しかし、 退路を断たれたレオンに怯えはない。 またもアシュリーを遠ざけられた落胆と怒り、 そして幽かな憐れみを胸に、 彼は人類と訣別した若者に鋭口を向ける。
    ラモン・サラザールであったものの咆哮が、 死闘の始まりを高らかに告げた。

    長く、 息苦しかった夜はいつしか明けていた。
    朝霧が少しずつ晴れ、 細波の疾った湖面は無数の宝石のように、 復しい陽光を捉えて群れなす煌めきに変える。
    死闘は終わった。
    レオンが果たすべき任務――アシュリー・グラハムの奪還は成功し、 彼女とレオンに植えつけられていた恐るべき寄生生物プラーガも、 危ういところで除去することができた。
    発掘されたプラーガを支配の手段として用い、 アメリカ合衆国を、 ひいては世団すべてを揺るがそうと画策したロス・イルミナドス教団の野望は潰えた。 人間の意識を保持したままに活動できる支配種を宿した、 教団の中心的役割を担った者たちは皆、 その変貌した姿に似合いの場所へと旅立った。 死神の鎌に魂を刈り取られ、 相応の報いを受けて冥府の底へと引きずり込まれたのだった。
    レオンはまた、 地獄を生き延びた。 限界を超えて酷使された身体は、 虚脱感に似た重度の疲労に包まれている。 人間の身で立ち向かうには、 今回の出来事はあまりにも禍々しく、 狂気に満ちすぎていた。 生き残った者を生涯苛であろう、 欲望と悪德の毒気に溢れすぎていた。
    だが、 彼には昇る朝日が、 あの日ラクーンシティの郊外で見たものとはまるで違って見えた。 そこには希望があった。 6年にも及ぶ暗夜がとうとう明け、 心の奥にあった空虚が充たちれた日――レオンはこの時、 人として再生した自分を実感していた。 失った己の一部が戻ってきたことで、 世界の何もかもが刷新されたように鮮やかに感じられる。 五感が透明に冴え渡り、 極度の渡れも、 打撲や切り傷の痛みさえも今は愛おしい。
    レオンとアシュリーを乗せて、 大出力にカスタマイズされたジェットスキーは湖上を軽快に走る。 あとにした孤島の影は、 もはや霞んで彼方に溶けている。


    ロス・イルミナドス教団の本拠地――プラーガを生物兵器として改良するべく、 生命を冒涜する試みが繰り広げられた孤島の研究施設は、 紅蓮の炎に包まれて灰燼に帰した。 大量に仕掛けられた爆薬が、 島内の要所を徹底的に破壊し、 そこで行なわれていた実験の成果を完全に消法したのだ。 恐らくはエイダ・ウォンと、 所属する組織の手によって秘密裡に準備は進められていたのだろう。
    教団の最高指導者オズムンド・サドラーの、 最後の姿をレオンは思い起こす。
    それは果たして、 本当にサドラーと呼べるものだったのか。 寄生されても人の意識を保てるはずの、 遺伝子改良を重ねた末に生み出された支配者のプラーガ――しかし、 能力を解き放ったサドラーの姿は、 あり得ないほどに人間からかけ離れていた。
    体内に高密度で圧縮されていた寄生体の細胞が、 外部で急激な変異と膨張を遂げ、 巨大な節足動物めいた姿を形成する。 その中心にぶら下がったサドラーの肉体は、 さながら羽化した虫に捨てられた蛹の抜け殼のようであった。 寄生生物と宿主の主従関係が逆転した、 新世界の指導者と呼ぶにはあまりにも醜悪な怪物がそこにいた。
    あるいは、 すべてを掌握しているつもりのサドラーでさえ、 気づかぬうちにプラーガという未知の寄生生物に利用されていたのかも知れない――そんな皮肉な思考が、 レオンの脳裏を微かによぎる。
    プラーガは所詮、 別の生物に寄生しなければ生きられぬ脆弱な生命体であった。 その方法が決して共生とは呼べぬものであったため、 まだ科学の芽生えぬ過去の時代に忌まわしい悪疫の一種として封印されたのだ。 しかしこの現代に、 それを世界中にばら撒こうとする者が現れたことは、 滅びかけて仮死の眠りについていたプラーガという種にとっては思いがけぬ幸運だったのだろう。
    もし、 地球という惑星がプラーガに埋め尽くされたとしたら、 異種の宿主同士が意志疎通を行なえる世界は今よりも安定し、 理想的なバランスの生態系が誕生する可能性もある。星という単位で考えれば、 この寄生生物の存在は決して”厄災” などではないのかも知れない。
    しかし、 受け容れられぬとレオンは思う。 人間という不安定な種が、 多様な社会を構築し維持しようとする――その姿勢こそに価値があった。 プラーガに何もかも委をね、 自らは滅びてしまおうなどと人類は考えない。 傲慢で利己的だが、 滅亡を回避するその意志は、 たとえこの世界が不条理で憎悪に溢れていても、 きっとどこまで続く未来へ導いていくのだろうと彼は信じる。
    改良されたプラーガのサンプルはエイダに奪われた。 また再び、 サドラーのような存在を生み出すかも知れぬ種子は残っている。 だが、 レオンは悲観してはいない。 彼女の手に渡ったそれが、 最悪の事態を引き起こす公算は低いと彼は踏んでいた。 エイダはウェスカーとは違う目的を持って行動している――そんな確信が、 胸の奥底にあった。
    レオンとエイダの距離は、 今は遠く隔たっている。 心は通じても、 生きる道は遙か彼方を平行に進む。
    その足跡がいつの日か、 重なる未来あるだろう。 生きてさえいれば、 世界が続けば。
    ――続けさせるさ。 戦う理由を取り戻したんだ。 そのためなら、俺は何度だって地獄をくぐろう。
「ねえ」
    背中で、 濡れた髪を風に煽られながらアシュリーが言う。
「心の中の幻影って言ったわよね、 あのキレイな人のこと。 それって、 夢中ですってことでいい?」
    この歳若い娘が、 想像以上に強靭な精神の持ち主であることにレオンは安堵する。 心の傷は負っているだろうが、 それを見せない自然な強さがアシュリーにはあった。
「何だ、 しつこいな。 かもな、 って言っただろ」
「切っても切れない俺の一部、 ね。 素敵なロマンスがありそう。 一緒にアメリカに帰るまで、 たっぴり聞かせてね? そこまでを任務にしてって、 パパにお願いしておくから」
    「……なけるぜ」
    ラクーンシティでのエイダとのことは、 もう記憶の底に封印すべき悲劇ではなくなっているのだと気づいて、 レオンは少し笑った。

SourcesEdit

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.