Fandom

Resident Evil Wiki

biohazard 4

15,123articles on
this wiki
Add New Page
Comments0 Share

biohazard 4 is a ten-page short story written by Benny Matsuyama which is largely a novelization of Resident Evil 4. It is featured in the biohazard4 kaitaishinsho revised edition guidebook. Due to the status of Studio BentStuff and the Famitsu-Capcom partnership, Benny Matsuyama's works are to be accepted as part of the mainstream canon.

PlotEdit

PROLOGUE: Infernal DomainEdit

Opening with a prologue, the narrator describes the 1998 Raccoon City Destruction Incident as a day that could not be forgotten. The end of the Cold War and Collapse of the Soviet Union led to the dominance of the United States as a military and economic power. Faced with the spread of the t-Virus, a biological weapon that could turn people into cannibalistic murderers, Congress voted in favour of the "Sterilization Operation", a plan to bomb the city before other settlements could fall to the virus. The action killed 100,000 civilians, and exposed a deep fragility in the post-Cold War climate with the only case in then history of the United States being bombed by weapons of mass destruction.

Umbrella was condemned for its involvement in the incident, and suffered heavily on the stock market due to loss of consumer confidence. Along with the stock market crash came orders across the world which banned the company from doing business. Umbrella was finally shut down after a series of reports were filed on unethical human experimentation and various criminal activities.

Since Raccoon City, terrorism has become an increasing threat in the world, and the United States is becoming more confrontational when faced with groups supporting such ideologies. Umbrella had offered some semblance of stability to more fragile regions, and without it the world is starting to change once again.

Six years after the Raccoon City incident, Leon is being driven down an unpaved road through a forest. The wagon is being driven by two policemen who he departed from a precinct with several hours earlier. The trip so far has been disinteresting, with the only thing of note being loud flamenco music playing out of the car radio the entire trip with a bearded officer in the passenger seat occasionally singing. The two officers do not like their orders of guiding Leon towards their remote village destination.

Leon thinks back to his mission as they drive deeper into the fog. Several days prior, Ashley, daughter of the incumbent President Graham, was abducted. Such cases normally involve large search teams with hostage rescue experts. However, because of the nature of her abduction, it was clear there was a mole in the intelligence services and, consequently, large teams were not authorised in the event the mole would undermine such efforts. With the intelligence agencies busy investigating their agents, Leon was confirmed innocent and sent out.

The truck drives over a suspension bridge overlooking a ravine, marking the outskirts of the village. Leon is there to investigate an anonymously reported sighting of a girl matching Ashley's description. He believes it to be unlikely, as such a high profile kidnapping would be synonymous with an informal declaration of war. This, he finds, is not realistic for a region that appears to be two entire centuries behind the United States.

Chapter 1: Murder's NestEdit

Chapter 2: Hideous Hallucination Edit

Leon struggles to comprehend how the helicopter was shot down, but quickly understands the implications soon after: either there is a spy actively leaking information to Los Iluminados, or if their radio frequencies are being monitored. Leon spots an unusual reaction take place to the body of a villager. With his head severed from his neck, he should be dead. However, a mollusc-like organism instead erupts from his neck and takes over the body. Armed with a metal-like blade on the end of a long tentacle, the organism moves the villager's body closer to Leon to allow for an attack. As a survivor of the Raccoon City Destruction Incident, Leon freely accepts this parasite's existence and the fact that it can control a human body. However, the situation is unpredictable and Leon is not totally confident of his chances of survival.

Chapter 3: Lost PieceEdit

Chapter 4: Plague OriginsEdit

Chapter 5: Fiery JusticeEdit

EPILOGUE: Dawn of the LifeEdit

TranscriptsEdit

    今から6年前——1998年10月1日のことを、 忘れてしまえる者がただのひとりでもいるだろうか?
    それは、何もかもを一変させた日だった
東西冷戦の構図が崩壊して以来、飛び抜けた軍事力と経済力で世界をリードしてきたその国の、踏みにじられたことのない本土の一部が失われた日。
強固であるはずの世界の枠組みが、ふとした拍子に崩れる脆弱なものであるのだと、誰もが気づいてしまった日。
    その日、アメリカ中西部の小都市・ラクーンシティは、十万の市民とともに地上から消滅した。
人間を人喰いの怪物へと変貌させる生物兵器・T-ウィルスの漏出が引き起こした未曾有の大惨事——市民のほとんどがゾンビ化した地獄のような街に、さらなる感染拡大を恐れた連邦議会はミサイルによる『滅菌作戦』を決断したのだった。
史上初めて、大量破壊兵器が合衆国内に使用され、市全域が巨大に火柱と熱風によって浄化された。
まるで、神罰を受けた罪業の街ソドムのように。
    元凶たるアンブレラ社もまた、怒れる市場の鉄槌により断罪された。
全世界規模の業務停止命令に伴う株価の大暴落は、莫大な資本で武装した巨大企業の息の根さえも完全に止めるものだった。
恒常的に行なわれていた非合法活動・非人道的犯罪行為の数々も白日のもとにさらされ、アンブレラという組織は解体を余儀なくされた。
”悪”はおぞましい兵器とともに存在を抹消された——そのように思えた。
    だが、刻まれた記憶は消えない。
ラクーンシティで起きたことを、さかのぼって消去する術はない。
超大国アメリカが揺らぎ得るという事実も。
    以来、 世界にはテロリズムの影が濃さを増した。
アメリカはより強 くあろうとし、 虚勢がイデオロギーの対立を激化させる。
火種は各地でくすぶり、 アンブレラが持っていたカを渇望する者たちが、その間隙を縫って暗躍する。
    あの日、 確かに世界は変わってしまったのだ。
    そして、 死都から逃れた者たちの運命も、また——。



    昼だというのに、 厚く連なる雲が景色を陰鬱に染める。
    未舗装の林道に入ってからは、 霧が薄く視界を覆い始めていた。
路面の凹凸がひどく、 型遅れワゴンのくたびれたサスペンションでは、 伝わってくる衝撃をほとんど吸収できない。
 
    後部座席でいつ果てるとも知れめ単調な景色を眺めていたレオン・S・ケネディは、後輪が一際大きなギャップに乗り上げた瞬間に頬杖を外されて、思わず小声で悪態をついた。
運転している警官が、眼鏡越しにバックミラーを覗いて微かに嗤う。
いい気味だ、とでも言いたげな表情だった。

    車内には、警察署を出でからもう何時間も、レオンにはどれも同じように聞こえるフラメンコ・ミュージックが大音量で垂れ流されていた。
景気良く掻き鳴らされるギターの調べとカスタネットのリズムに乗って、どこか哀調を帯びた歌唱が響き渡る。
助手席に座る髭面の警官が、時折気たるそうに掛け声を合わせて歌い、また黙り込む。

    ふたりとも、 乗り気でないのは明らかだった。
上司に同行を命じられ、 嫌々レオンの案内役を務める羽目になったのだ。
しかも、地元の警察署員でおる彼らでさえ赴いたことのない、 お楽しみは何も期待できない僻地の寒村が目的地とうっては、腐るのも無理のないところだった。
    ——八つ当たりなんて冗談じゃないぜ。

    ため息をひとつ漏らして、レオンは再び視線を窓の外に戻す。
霧が濃くなりつつあった。
彼に与えられたこの任務を象徴するかのように。

    アメリカ大統領の娘アシュリー・グラハムが何者かに誘拐されて、すでに数日が経過していた。
その捜索とが、合衆国エージェントとして活動するレオンに下された指令である。

    本来なら、大規模な捜索チームと人質救出の特殊訓練を受けた人員を投入すべきケースであり、彼のようなエージェントが単独で派遣される任務ではない。
しかし、この誘拐は明らかに、極めて秘匿性の高い内部情報をもとにして実行されていた。
即ち、重要なデータにアクセスできる裏切り者が存在する――それが誰なのかを特定できない限り、多人数の部隊編成はさらなる事態の悪化を招きかねなかった。

    そこで、 レオンに白羽の矢が立った。 アシュリーが誘拐されなければそのまま彼女の警護役に着任する予定だったため、 すでに長期にわたり思想や経歴・背景をチェックされ、 政府から見て信頼できる人間であることが完全に証明されていたのだ。 加えてその任務遂行能力の高さも、 過去のある事件によって裏付けられている。 この状況下では派遣に打ってつけの人間であった。

    ――地獄からの生還者、 か。 とんだ十字架だ。

    レオンは心の中で自嘲気味につぶやく。 たった一日、 新人警官として着任したあの街で、 彼は一生ぶんの感情を吐き出してしまったように思えた。 悪夢のほうがまだましな地獄を生き延びて、 しかしそれまえの、 青春の煌めきなまとった二十一歳のレオンは死んだ。 あの日以来、 心の奥底には巨大な空洞があって、 轟々と虚ろな音を響かせているのだった。

    ワゴンが渓谷に架けられた吊り橋を渡り、 ようやく停止する。 少し先に、 目的の村の外縁になるであろうみすぼらしい民家があった。

    このヨーロッパの片田舎で、 アシュリーらしき娘が目撃されたという情報の信憑性を、 レオンは極めて低いと見なしている。 恐らくは聞き込みだけの無駄足に終わるだろう。 合衆国大統領の娘を誘拐するということは、 最強の国家に宣戦布告するのと限りなく同義なのだ。 この、 二世紀も時代から取り残されたような地域とは無縁の犯罪だと、 彼には思えた。

    思えば、 そこが入口だった。 狂気と恐怖がはびこる、 人ならぬものが支配する領土への越境――。

    レオンの背後から、 ざわざわと気配が立ち上る。 境界を踏み越えた異物を排除すべく、 数多の殺意が集結する。

    新たなる厄災の地に、 今、 ラクーンシティの生き残りが足を踏み入れる。

    惨劇の幕は、 すでに上がっていた――。

    強い既視感に、 レオンはめまいを覚えたかに視界をぐらつかせた。
    今も消えない、 そして生涯忘れないであろう、 この世の地獄で刻まれた記憶――亡者が街路にあふれ、 途切れぬうねりとなってすべてを飲み込んだラクーンシティの惨禍が、 二垂写しとなって眼前の光景に垂なる。 絶叫し、 斧や鎌を振り上げて殺到する村人の群れに――。
    震えそうになる右の人差し指を、 寄せた眉間から送り込んだ気力で強引に動かす。 引き寄せる。 指の腹に触れる拳統のトリガーとともに。
    曇天に響く乾いた作裂音とともに、 統ロから9ミリパラベラム弾が射出された。 それは正確に、 レオンの視線をたどって飛挧する。
    続弾は狙い違わず、 迫り来る一群の先頭で手斧を投げつけようと振りかぶる中年男の肩を撃ち抜いた。 男は身体を大きく傾がせ、 苦痛の叫びをあげて足を止める。
    だが、 それは一瞬のことでしかなかった。
    「Matar……」

    迎えのヘリが何者かの手で撃墜されたとの報せもたらされたのは、 救出したアシュリーを連れて村を出ようとした矢先のことだった。
"今、 次のヘリを準備しているわ。その間、 当初のヘリ降下ポイントに向かって"
    オペレーターのハニガンから、 地人事のように事務的な口調で指示が入る。 もちろん彼女は直接の面識もない他人でしかないが、 レオンにとって感情を削ぎ落とした対応はむしろありがたかった。 サポート役はいかなる時も、 常に冷静に局面を見ている印象を現場の人間に与えなくてはならない。 たとえ、 それがどれだけ絶望的な状況だとしても——。
    司令本部の混乱ぶりは容易に想像がてきた。 極秘で飛 び立ったはずのヘリの墜落は、 まだどこからか情報が漏洩し続けていることを意味している。 内通者の仕業なのか、 それとも通信回線に侵入を許しているのかは不明だが、 打つ手か筒 抜けでは代わりのヘリを飛ばすこともままならないだろう。
    そうした現状をおくびにも出さず、 淡々と連絡事項を伝えるハニガンに彼は好感を抱く。 そう、 生還の望みは限りなく薄い。 この辺境の村には想定外の事態が起きている。 否、 これは予測不可能の領域——あのラクーンシティの出来事と同じ、 狂気と背徳に満ちた人外の世の沙汰だった。
    異様な光景を、 レオンはすてに目にしている。 頭部を失って、 死んでいるはずの村人の首から、代わりに生え出た触手状の物体。 数条も伸びたそれは軟体生物のようにしなり、 そして先端を金属の刃のことく硬化させて、 明確な殺意をもってレオンに襲いかかった。 頭のない人間の身体を操りながら——。
    常識ではあり得ない生命体だった。 他の生物の体内に潜み、 中枢神経を乗っ取ってその行動を支配する驚異の寄生体——これまでの生物学では到底説明づけられないものがそこにいた。
    だが、レオンには理解できる。 この狂った事態を拒絶せず、 現実として受け容れることができる。 何故なら彼は、そうすることで地獄の街を生き延びた人間なのだから。 ラクーンシティで相手をしたのはゾンビだけではない。 もっと異形の、 醜怪な化け物に追われ、 幾度も行く手を阻まれた。 それを人間の力で退け、 レオンは今に生きている。
    だからその精神は、 恐怖へと逃避することがない。 想像を絶する窮地において最も必要な、 未知なる恐怖に立ち向かう強靭な意志を彼は獲得していた。 数多の戦場を生き抜いた勇猛な歴戦の兵士であっても、 今の状況にあってはレオンの生存能力の足元にも及ばないだろう。

SourcesEdit

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.