Fandom

Resident Evil Wiki

Biohazard 4 Incubate

16,109articles on
this wiki
Add New Page
Comments4 Share
For the accompanying film, see biohazard 4 Incubate (film).

biohazard 4 Incubate is a supplementary book serving as a prequel to Resident Evil 4. It is written as a journal from the perspective of one of the villagers, allowing the backstory to be explained more thoroughly. Each chapter comes with a picture in a woodcut style, which also appears in the Resident Evil 4 credits. A DVD disc is also offered, which summaries the game itself.

PlotEdit

Biohazard 4 Incubate village drawing 1

Rodrigo's drawing of the village centre.

The first three chapters introduce the village as peaceful, having abandoned much of modern technology to protect their culture and maintain a simpler life. The writer is identified as Rodrigo, who by the local culture was named by his grandmother. He confirms himself to be the artist behind the drawings, and intends to use them to teach his future grandchildren what life was like in his day. During the sowing season, where the adult men and women begin work tending to crops. The men take on the heavy labour duties while the women assist with lighter tasks, and provide songs to keep their spirits high in the morning sun. Rodrigo's wife bakes bread with the grains harvested. He compares the growing of crops with the rearing of children, and feels that if they continue to plant the earth all will be fertile. Rodrigo describes the older children as having chores in the barn, raising the chickens and calves. Observing a boy helping with the milking, he writes that since most of the villagers are blood relatives they feel a natural bond and help each other.

In the fourth chapter, Rodrigo is invited for lunch by a friend during a holiday. The man is proud of his new job, having been hired to assist in excavations at the nearby castle. Rodrigo writes on the 1st Castellan, a folk hero who slew evildoers and preserved the peace in the village. The story is frequently told by grandparents to their grandchildren while the parents are out working. While Rodrigo maintains a respect for the 1st Castellan, he feels differently for Ramon Salazar.

The harvest season approaches, which is an important time for the village as they can sell their excess produce to the outlying towns for supplies. Among the things they like to purchase is gasoline for their trucks, the only shred of modern technology which also serves as their means of transport. The entire village helps put the harvest on the trucks ready for market.

The following day is the harvest festival, where they are expected to eat, drink and dance to celebrate one of the few days they have no work to do. A villager plays his acoustic guitar for the people, who also recite poetry. Rodrigo notices that the celebration is not going entirely according to tradition - the village chief, Bitores Mendez is nowhere to be found. As he is also their priest, Rodrigo brushes it off as important church work.

Rodrigo describes the villagers getting back to work, collecting chicken eggs; catching fish and nuts and bringing them back to the village. He describes filling up a horse-drawn wagon with supplies for the village; the horse is ridden by his brother, who lives with his family in the outskirts. Rodrigo reminds his brother's family to attend church service the next Sunday, as Father Mendez has an important sermon.

Rodrigo and many of the other villagers attend the church service, in which Father Mendez gives over to Osmund Saddler. Saddler tells the congregation fantastic stories which persuade them to join Los Iluminados and take part in the blood cleansing ritual. Injected with an unknown substance, they are said to be purified of their sinful blood and their souls saved. Rodrigo believes that villagers who do not take the ritual will not be truly happy. After the ceremony Rodrigo has lunch with another villager who did not join the cult. The "sinful man" becomes enraged at the cult's activity in the area, likely recalling the stories of his youth. Rodrigo sees the anger in the man as proof that those outside the cult cannot be happy, and wants him to join so he can be protected.

Biohazard 4 Incubate village drawing 10

Rodrigo forces his brother to join the cult.

Later, the villagers begin forcing their family members to also take part in the ritual to save them. This, Rodrigo sees, is a just act as they will all be connected again (ignoring his prior entry which described everyone as a family). Rodrigo's brother is brought out, and calls to Rodrigo to save him from the ritual. Rodrigo refuses his help, believing that it is crucial that all villagers go through the ritual. Later, he asks Father Mendez and Lord Saddler about converting his brother's family; they agree with him that it is necessary.

When the villagers have finished their conversion ritual, they are told Los Iluminados' version of their folk tale on the 1st Castellan. In their version, the 1st Castellan was envious of the cultists' righteousness and persecuted them. Ramon, the current 8th Castellan is reinterpreted as a redeemed man, having freed the cultists. Rodrigo is disturbed by the story, as it proves to him his family had been lied to for centuries.

In the time after their conversion, villagers begin to feel ill. Rodrigo's wife begins coughing. Their daughter is stricken at the dinner table, and has a seizure. Her body is contorted as her limbs shake violently, and finally dies; her parents feel nothing at all, which bothers Rodrigo. He then begins suffering painful headaches which feel as if his head is being split open. His blood becomes hot, and with so much pressure he begins to bleed out and swear with words that shock himself. Rodrigo runs to his brother's house, where he finds his brother too has fallen ill by vomiting blood. In the pain he becomes verbally aggressive, the point Rodrigo covers his ears. 

Over the next few days every child in the village dies. Rodrigo writes that more of the adults are becoming emotionally emptied. Rodrigo writes that on some days he doesn't eat at all, and walks around the village for no reason, murmering and casually swearing before returning to bed. Later he too begins vomiting blood.

Father Mendez, in his capacity as village chief, issues a notice to the villagers to keep outsiders away from the village in order to protect Lord Saddler's life. Rodrigo and the others interpret this clearly as an order to kill strangers.

At the end of the journal, Rodrigo notes that one villager's head has broken off, accompanied with an illustration of a Plaga A. He sees this as a miracle performed by Lord Saddler himself, and hopes to receive more instructions from him.

TranscriptEdit

この村には、 子供たちの笑顔、 善き隣人たち、 古きものを大切にする心がおる。
慎ましい暮らしに、 ささやかな歓びが満ちている。
風習や文化を守り、 村は平和を保ってきた。
この穏やかな時の流れの中で私は生まれ、 そして土へと還っていくのだ。
私は、 村を愛している。

いつまでも変わらぬ、 光景が続くことを願い、 村の折々を筆で描きとめることにした。
祖母の付けてくれた我が名を拙画の隅に記そう、 まだ見ぬ孫や、 その子供たちに、 この素晴らしさを伝えるために。



男は女もよく働く。
種蒔きの季節が訪れ、 あちらこちらで準備が始まる。
清しい朝陽を合図に農場へ行った。
土を耕す逞しい男たちの額には汗が光る。
手伝う女たちは歌い、 おしゃべりに興じ、 実ににぎやかだ。
昼は、 皆で弁当を広げてくつるぎのひと時。
妻が焼いてくれたパンが波れを癒してくれる。
さて、 もうひとふんばりだ。

畑仕事は子育てみたいなもの。
村人の慈しみと自然の恩恵を受けてやがて、 大地は豊穣の時を迎えるのだ。




私もそうだったが、 子供たちは幼い牛から頃や鶏の世話を手伝う。牛舎に行くと、 男の子が牛の乳がたっぷり入ったバケツを小さな体で大事に運んでいた。村人のほとんどは血縁があり、 村全体が大きな家族のようだ。いつも助け合って固い絆で結ばれている。この男の子も大人になれば、 小さい行いでも村の役に立っていることを知るだろう。

寡黙な父親から搾りたての乳をもらい口に含むと、 ほのかな甘さとともに濃厚な味が広がる、 うまい。もう少しすると、 我が家でもこの乳が飲めるはずだ。



休日の午後、 友人が昼食に招いてくれた。
友人は、 城で発掘作業をしている、 名誉ある仕事でお役に立てて嬉しいと少し自慢げに話してくれた。美味しい食事が並ぶが、 一番のご馳走は家族の団欒だろう。 この家も、 食器や家具など古くからのものを大切にしている。 我が家と同じように質素な暮らしだが、 きちんと整頓されていて気持ちがいい。

庭には小さな花壇があり、 その前に家族で並んでもらい、 筆をとる。 昼餉の礼として絵を描いて幼子に渡すと、 はにかんだ笑顔を見せた可愛い笑顔をありがとう、 ごちそうさま!



この村では、 代々語り継がれている物語がある。 邪教を懲らしめた初代城主様を称える内容だ。その方のおかげで、 この村があり、 私たちも今こうして無事に過ごせているのだ。 たいていは父母が働きに出ている間に、 祖父母が物語を孫に伝えている。 隣の家では祖母が孫娘に裁縫を教えながら聞かせていたが、 この子も、 いつの日か編み物や縫い物をしながら、 孫に話してやるのだろう。

初代の城主様は村人を守る正義感あふれる方だったが、 今のラモン様は……。



待ち望んだ収穫の時が来た!
今年は豊作のうそに出来がよく、 近隣の町に高値で売れるだろう。
その分、 ガソリンなど村では手に入らないものがたくさん買えそうだ。
村人総出の作物のとり入れ作業もはかどり、 野菜をトラックに運ぶのだが、 かなりの重労働なのに子供たちも一生懸手伝っている。
厳しくも優しい指示が飛ぶ。
子は村の宝、 村人背で育てているようなものだ。
子供たちが健やかに育ちますように――それは皆の願いだ。

作業を終えるとすでにタ暮れが迫っていた。
明日は収穫祭だ、 今日は早く眠ろう。



今日は豊穣を祝い、 自然に感謝する収穫の祭だ。
よく食べ、 おおいに呑み、 輪になって踊り、 ふと見上げると美しい満天の星。
夜も更けていくが、 子供たちは親の許しを得て遲くまではしゃいでいる。
村にとっては数少ない催しごとだから、 今晚ばかりは親も大目に見るのだ。
普段はよく働き、 特別な時には皆で楽しむ。
ある者は自作の詩を朗読したり、ある家族は合唱したりと練習の成果が技露されていき、 最後にギターを手にした男が感謝の気持ちを込めて、 しゃがれた声で歌い出す。
大喝采を浴びて照れた様子に皆が微笑み、 村は幸福感に包まれた。

それにしても、 村長様のお姿が今年は見えないが、 メンデス様は神父様でもあるので、 おそらく教会のお仕事でお忙しくてお越しになれなかったのだろう。



ここでは人々が協して食料を得て、 皆で分配する。
村でとれる農作物、 牛の乳、 鶏の卵、 川魚、 木の実、 町で買って来たものを教今に集めて、 家庭に持ち帰るのだ。
近所に住む弟の荷馬車に品を載せ、 ふたりで木漏れ日の中、 鳥のさえずりや道端の花を楽しみながら家路につく。
弟の家族が迎えに出て手を振ると、 弟も馬も步を速めていく姿が微笑ましい。
今は亡き父が荷を載せた馬を引き家に帰る頃、 兄弟で迎えに行ったものだ。
そんな遠い日を思い出しながら、 私は、 弟の後をゆっくりと追う。

村長様が次の日曜日に村人は全員集まるようにおっしゃっていたので、 妻と娘に声をかけるのを忘れないようにしよう。



村長様のお話に続き、 サドラー様の御説教を暘る。
サドラー様は村長様が敬愛される、 ロス・イルミナドス教団のとてもえらい方である。
わざわざ足をお運びになり、 村人のために何時間も素晴らしいお話を語って下さった。
我々のような罪深き者が血を浄化する儀式を受けることにより、 魂は救われ、 さらなる幸福が訪れることを教えて下さった。

罪深き者……彼もうそうだったのだろうか、 昼飯に招いてくれた友人はその後、 穏やかだった性格が一変し、 突然暴れ出すようになってしまった。
恐ろしい……。 儀式を受けなければ、 幸福にはなかない。

教団の皆様が私たちを守り、 お救い下さろうとしている。
なんとありがたいことだ、 おりがたいことだ!



血の浄化の儀式を行えば皆の心が繋がり、 不浄の血は清らかになる。

村人全員が順番に並び、 血を授かる。
弟の番だ。
突然、 私を見て 「兄さん、 助けて!」 と叫び、 儀式を拒む。
村人がひとつになるためには、 誰ひとり欠けてもいけない。
居合わせた者とともに懇々と村長様とサドラー様の御意思を聞かせ、 弟の家族も受けたことを話すと、 やがて彼も受け人れてくれた。

この日、私たち村人は真実を知った。
初代城主様がロス・イルミナドス教団を妬んで善行を邪魔されたこと、 ラモン様が教団の復活のために多大なる貢献をされたことを。
何百年も、 まやかしの物語を伝え聞かされていたのだ……。



風邪をひいたのか、 妻はこのところ咳が酷く心配だ。

夕食後に、 娘が突然、 口から泡を吹き、 苦痛に顔を歪めて手足を激しく動かし始めた。
助けなければ! あぁ、 なんということだ……。
私の娘が、 大切な娘が……死んでしまった。
妻を見ると、 無表情で立っている。
この光景の全てが、 信じられない、 信じたくない!

頭が割れるように痛み出し、 体中の血が吹き出そうなほどに熱く苦しい。
次の瞬間、 私は娘に叫んだ自分の言葉に驚き、 震えた。
この役立たずめ!



私は急いで弟の家に向かった。
弟の様子がおかしい。 床には吐血した跡があり、 聞けば、 苦痛のあまりにのたうちまわったという。
狂気をはらんだ目で私を睨み、 耳をふさぎたくなるような言葉を吐く。

数日の間に、 村の子供たちは全員死んでしまった、 大切な子供たちがいなくなった、 ひとりもいない。
ひとりも……。

狂った眼差しを向け、 感情を失った大人が増えていく。
奇妙なことに何も食べずに何日も過ごし、 つぶやきながら、 時には罵りながらどこかへ行き、 また戻って来る。

私も今朝、 吐血した……。



村長様からの伝達――
「サドラー様の命により、 よそ者が来たら排除せよ」。
見つけ次第、 殺してやる!

目の前にいる男の頭が割れた。

偉大なるサドラー様!
次なるご命令を!

GalleryEdit

SourcesEdit


Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.