FANDOM


History
Biology
Gameplay
Appearances
Gallery
Further notes
Chimera newborn

A Chimera infant

Chimeras were first created through the use of t-Virus as a vector for splicing arthropod DNA into a newly-formed human embryo, then inserting it into the uterus of a female subject. All Chimera are clones of the first prototypes deemed a success; as such, they are all human-fly hybrids which are born within a day, and take only 2–4 days to reach adulthood.[1][excerpt 1]

Body design

Chimera arm

Comparing a human and Chimera arm.

Chimera posses powerful limbs ending with sharp claws; with these they are able to hook themselves onto ceiling protrusions such as grates and pipes. This allows them to hunt pray from above, outside their plane of vision, with their thin bodies also fitting through air ducts. They are in fact stronger than the Hunter Alpha also created by Dr. Birkin's team in the early 1980s, though their intelligence was considerably lower and made them a poor choice of weapon.[1][excerpt 2] Further observed traits of the Chimera are that they are incapable of flight and that their bodies dissolve upon death. They also appear to be asexual, as they grow maggots on their bodies.[2]

Behaviour

Chimera typically curl their bodies while swinging on ceilings as a means of protection. When on the ground, however, they will stand up and stretch their arms out to appear larger. Their standard attack method is to slash enemies on the ground or, if hanging on the ceiling, attempt to rip their head off. They have high endurance, and can withstand close hits from a shotgun or grenade launcher.[1][excerpt 3]

Bibliography

Sources

excerpts
  1. Excerpt from Inside of BIO-HAZARD, p.55.: "B.O.W.開発プロジェクトの一環として、 計画中期から、 頻繁に複数の生物の遺伝子の合成が行なわれた。 個々の生物が持つ特性を組み合わせ、 さらに優れた能力を持つ別の生物を作りだすことに成功したのである。 本来なら遺伝子レベルにおいての異種族の生物の結合は、 ことに高等生物になるほど不安定になるのだが、 異常な進化を促すクレイウイルスの助けを借りて、 神の偉業を可能にしたのだ。 ギリシャ神話に登場する、 獅子と山羊と竜の頭を持った合成生物キメラになぞらえて命名されたこのB.O.W.キメラもその産物である。 人工受精させた人間の卵子に、 昆虫の(この場合はハエ) 遺伝子構造をコピーし、 それを人間の女性の胎内に戻して成長させ出産させるという少々狂気的な方法で製造された。 産まれたプロトタイプは人間とハエの特徴を併せ持ち、 ハエの成長サイクルと同じスピードで急成長し、 羽化後に成体となった。"
  2. Excerpt from Inside of BIO-HAZARD, p.55.: "見事なまでに遺伝子レベルで人とハエが融合したキメラ。 鋭い爪と強靭な手足の力で天井に掴まって移動することが可能だ。 密かに獲物の頭上に這い寄り奇襲をかける。 ねじれた骨格と、 それに絡みつく太い筋肉から生みだされる破壊力と敏捷性は、 ともにハンターを上回るものを持ち、 戦闘能のレベルはかなり高い。 しかし残念なことに知能が極めて低く、 数体がクローン培_されたものの、 BOWとしての実用は見送られた。 クローニングを重ねたタイプは、 天井につかまったり大きく跳躍する能力が失なわれてしまったが、 地上においての移動速度は上がっている。"
  3. Excerpt from Inside of BIO-HAZARD, p.55."天井を素早く動き回るキメラは狙いをつけづらく倒しにくい。 まずはショットガンを上方に撃ってダメージを与えて地上に落とした後に、 威力の高い武器で仕留めるとよい。 通常キメラは天井を移動するあいだは身を縮めているが、 獲物を襲うときは停止して体を大きく伸ばす。 この瞬間が攻撃のチャンスである。 バランスを失なって床に落ちたら、 すかさずマグナム弾やグレネードで止めをさす。 ぐずぐずしていると再び天井に逃げられたり、 強力な爪の餌食にされてしまう。 跳躍力がないタイプの対処法はもっと簡単だ。 向かってきたら水平射撃で撃ち倒す。キメラの耐久力の高さは侮れない。 くれぐれも威力の高い銃器で立ち向かうように。"
references
  1. 1.0 1.1 1.2 Takeo (ed.), Inside of BIO-HAZARD, p.55.
  2. Resident Evil gameplay.