Fandom

Resident Evil Wiki

Derek C. Simmons

14,454articles on
this wiki
Add New Page
Talk0 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.


Derek C. Simmons (ディレック・C・シモンズ Direkku C shimonzu?) is a file that can be found in Resident Evil 6

LocationEdit


TranscriptEdit

Derek C. Simmons, 46 years old, is an aide to the president of the United States. He is a ruthless perfectionist, a personality well disposed to rising to a high echelon of power in government.

He is the current head of The Family, a secret fraternity of powerful movers and shakers that have manipulated the development of the Western world for centuries. This organization will do whatever is necessary to ensure stability and world order.

Fearing the ensuing chaos that would result from President Benford's plan to reveal the truth about the Raccoon City Incident, Mr. Simmons orchestrates his own bioterror attack where the president would be but one of the many casualties.

Below is a memo written by Simmons before the attack.
---
I've warned Adam time and time again not to go public with the details on the Raccoon City Incident, and even used The Family to put more pressure on him, but he still will not listen. He doesn't realize just how big of a mistake he is making. His biggest mistake, though, was hiring me on as his right-hand man, not knowing that I was the head of The Family. If only he knew how closely I've been watching his every move.

Now he has made an enemy of The Family and there is no turning back. It's time I use my position to make sure balance is kept in this world.

46歳。アメリカ合衆国大統領補佐官。
完璧主義者で、残忍な性格の持ち主。

その真の姿は、巨額の財力と世界各地に張り巡らせたネットワークを用いて、古代から国や歴史を操作し続けている巨大組織(ファミリー)の長である。ファミリーが作り上げた「変化のない安定した世界の構造」を維持するためなら、手段を選ばない。
ラクーン事件の公表により合衆国に「変化」をもたらそうとする大統領を、バイオテロに巻き込んで殺害したのは、そのためである。

シモンズ率いるファミリーの謀略によって命を落としたアダム・ベンフォード大統領が、ファミリーの存在を、そしてシモンズがファミリーの長であることを認識していたのか。その答えは、シモンズが残した手記に残っていた。

---

「アダムには、再三にわたってラクーンの件の公表を中止するよう忠告したが、頑としてその意志を曲げようとしない。ファミリーを使って圧力をかけているが、どうやらこれにも従うつもりはないようだ。
ただアダムの唯一の過ちは、腹心である私がファミリーの長だという事実に気づいていないことにある。このような事態になることを想定して、私は常にアダムの傍にあり彼の動向を監視してきた。

そして彼は、とうとうファミリーを敵に回してしまった。もはや猶予はない。ファミリーの力と、私の大統領補佐官という立場を存分に利用し、世界の安定を維持するための行動を起こすとしよう」

Also on Fandom

Random Wiki