Fandom

Resident Evil Wiki

FILE 56: Scagdead

14,461articles on
this wiki
Add New Page
Talk0 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.

CLUB96 Scagdead 2

File image

FILE:56 Scagdead (FILE:56 スキャグデッド?) is a file in the CLUB96 "digital archive". Members of the fanclub can access it here.

Transcript

T-Abyssウィルス感染者の突然変異種。ウィルスが宿主を長い時間をかけて浸食することで、特殊な変異を遂げた。スキャグデッドはその変異の過程で身体が肥大化し、右手がチェーンソーのように変化。また、肩からはサメのような歯を持つ第2の頭が出現し、獲物に噛みつく。飾りのようになった”元の頭”のほうは、時折、言葉を発することがあるが、自我はすでに失われているため会話は不可能である。



ゲームでは?

言葉をしゃべるスキャグデッドは、実はジルたちがクイーン・ゼノビア号のプロムナードで出会う個体のみ。この個体は、元は通信兵長だったらしく、人間だった頃を思い出したかのように「メーデー メーデー メーデー こちらクイーン・ゼノビア 救難信号 メーデー メーデー メェェ~デェェェ~」という印象的なフレーズをしゃべることから、ファンや開発スタッフの間で”メーデーさん”との愛称がついた。
彼が居た非常用通信室には、”通信兵長の日記”が遺されている。この日記では、彼がプロムナードに立てこもって4日目が過ぎたあたりから、自我が少しずつ崩れ始めたことが読み取れる。さらに数日が経過すると、肩から生えた第2の頭を話し相手と思うようになるなど、ウィルスの浸食がかなり進んでいることが伺える。もっとも、自分以外に生存者がなく、助けも来ないという孤独に耐えかねてのこととも考えられる。ジルたちを見つけ、「抱きしめて~」と寄ってくるのも、寂しさからくる行動なのかもしれない。


Preceded by
FILE 55: Ooze
CLUB96 creature file
March 29, 2013
Succeeded by
FILE 57: Wall Blister

Also on Fandom

Random Wiki