Fandom

Resident Evil Wiki

Helena Harper 2

14,465articles on
this wiki
Add New Page
Talk0 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.


Helena Harper 2 (ヘレナ・ハーパー2 Herena hāpā 2?) is a file that can be found in Resident Evil 6.

LocationEdit


TranscriptEdit

Helena Harper doesn't compromise her beliefs, and is not one to step aside and let others take charge. She does, however, have a tendency to let her emotions get the best of her. She was in the top of her class, and the agency's first choice for the job, but officials were concerned that she would let her morals get in the way of her work. They were right.

While investigating a series of murders, Helena successfully found and apprehended the killer. In the process, she used excessive force on the suspect and was suspended from the agency. She claimed she had to shut the killer up because he was making threats in front of the victim's family. After her suspension period was over, she found herself in situations where she couldn't maintain her self-control. When Deborah's boyfriend became abusive, an enraged Helena shot and injured him. Her superiors were unwilling to overlook her gross misconduct, but they didn't want to fire her, so they transferred her to the Secret Service.

During the attack on Tall Oaks, Helena was manipulated by Derek Simmons in his plan to assassinate President Adam Benford.

ヘレナは、人一倍責任感、正義感が強く何事にも積極的だが、これは、感情に流されやすく冷静さを失いやすいという欠点にもなっていた。
彼女の、正義感の強さから来る感情的な一面は、当局がヘレナに抱く唯一の不安要素だった。そして、その不安は間もなく的中する。

連続殺人事件の捜査中、見事に犯人を取り抑えたヘレナだったが、その際、犯人に対して過剰な暴力を振るってしまい停職処分となった。当局の聴取に対しては、「犯人が、遺族の前での暴言を止めなかったため黙らせた」と答えている。

ヘレナは、己の正義と信念を決して曲げない女性なのである。
復帰後もその鋼の意志が生み出す感情的な行動は相変わらずで、ついには、妹・デボラの交際相手が、別れ話のもつれから彼女を傷つけた際、発砲して重傷を負わせるという取り返しのつかない失態を犯してしまった。

妹への愛情ゆえの事件だったが、さすがに当局もこれを看過するわけには行かず、ヘレナはUSSS(アメリカ合衆国シークレットサービス)の補佐に回された。出向という形だったが、事実上、エージェントとしては解雇である。

ハニガンは、ヘレナの信念の強さを評価して、DSOメンバーとしての資質を見極めようとしていたが、この一件によりすべて白紙となってしまった。
そのときの、ヘレナの上司からハニガンへ宛てた報告書が残っている。

---

「イングリッド・ハニガン殿
本日付けで、ヘレナ・ハーパーをUSSS出向とした。
しばらくUSSSで様子を見るが、このままの流れでは遠からずすべての職を解くことになるだろう。彼女が一般人へ発砲をおこなった要因は、妹デボラに重傷を負わせた交際相手への怒りにある。家族を傷つけられた者の心理としては理解できるが、合衆国を守る使命にあるエージェントの行動としてはあまりに軽率だ。

君はヘレナをチェックしていたらしいが、上司の私から不適合との判断を伝える。DSOが大統領の剣であるならば、なるほどヘレナの切れ味は申し分ないだろう。しかし、彼女はいわば諸刃だ。振り上げれば、自分や、下手をすれば味方まで傷つけかねない」

感情的な一面、妹への溺愛、USSSへの出向。それらに目を付けられたヘレナは、シモンズによって大統領暗殺計画に利用されることになる。

Also on Fandom

Random Wiki