FANDOM



"Jill Valentine" is a short story written by Benny Matsuyama which appears in the biohazard Kaitai Shinsho guide. Due to the nature of the Studio BentStuff and the Famitsu-Capcom partnership, all of Matsuyama's writings for such books are to be accepted as part of the mainstream canon.

Plot Edit

Transcript Edit

夜の森は、 まるで暗闇の糸で編まれた投網がかぶせられたみたいだった。 いびつに伸びた木々の枝が重なり合って、 その影が曇った夜空を切り刻んでいるように思える。
軍用のフラッシュライトが作り出す強烈な光も、 ここでは視界の一点をわずかに照らす心もとない明かりに過ぎなかった。 夏の夜の、 立ちのぼる霧が仲間たちの姿さえも幽霊のようにおぼろに見せる。
自分の手から伸びる光が小刻みにびれているのに気づき、私は怯えを自覚する。
一一暗がりに何がいるって言うの? 子供じゃあるまいし!
私は無理矢理、 墜落したブラヴォーチームのヘリで見た光景を頭の隅に追いやろうとした。
機内には、 操縦していたケビンの死体だけがあった。
左眼は、 鋭い爪でえぐり出されていた。 遺体には明らかに、 肉をかじり取られた痕も残っている。 墜落後に野犬が入り込んだのか、 それとも......夜の闇に潜む”怪物” のイメージを振り払い、 私は姿を消したブラヴォチームーの捜索に神経を集中し直した。
いくら奇妙な事件が頻発しているとはいえ、 ラクーンのマイナー紙が面白半分に書き立てるモンスターの目撃談などを真に受けるなんてどうかしている。
でも。
アルファチームのみんなも、 この出動にはどこかぎこちなを感じさせた。
出発前から落ち着きをなくしていたジョセフは、ケビンを発見してからは気の毒なほどびくついているし、 パイロットのブラッドも、 口には出さないものの仲間の捜素に気乗りがしないようだった。 いつもは頼りになるバリーでさえ、 今夜は髭の奥の顔が妙に硬い。

今は見習うべきだ――そう決めた矢先に、 近くにいたはすのジョセフの叫びが聞こえた。
悲鳴だった。 さらに、 別の誰かの叫びのように、 弾倉が空になるまで続く銃声。 無理矢理抑えつけていた、 わけのわからない不安が一瞬にして恐怖へと脱皮する。
そして――。
半ばれた判断力のまま駆けつけた私の前に、 いるはすのないものたちが待っていた。



離脱の手段を失った混乱の中で、 私たちは幸運も、 森の奥にひっそりと建つ巨大な洋館を見つけ、 魔犬の群れから逃れることができた。 少なくとも最初は、 そう思えた。
私は間違っていた。
この館こそが、 地獄に通じる悪夢の中心地だった。 狂気と悪意、 そして災害にあふれた絶望の管に、 私たちSTARSは誘い込まれていたのだ――。

SourcesEdit

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.