Wikia

Resident Evil Wiki

Leech Growth Records

13,715articles on
this wiki
Talk0
Leech Growth Records
Japanese:ヒルの育成記録
Room:[room not given]
Map:[map not given]
Level:Beginnings 1 (UC)
Appears in:Resident Evil Zero
Resident Evil: The Umbrella Chronicles
Last edit: 14 months ago. (Purge)


The Leech Growth Records is a file in 'Resident Evil Zero, that was transcribed into Resident Evil: The Umbrella Chronicles.

LocationEdit


TranscriptEdit

February 3rd, 1978

Administrated "t" to 4 leeches. Their will to survive leads them first to parasitism and predation. Then they breed and multiply. Such a single-minded biology makes them attractive candidates for bio—weapons research. Afterwards, no major changes observed.


February 10th, 1978

7 days since administration of "t". Rapid growth to double former size. signs of transformation emerging. Spawning successful. They double their numbers in one hour, but their ravenous appetites lead them to cannibalism. Hastened to increase food supply, but lost 2 .


March 7th, 1978

Provided them with live feed, but lost half when the live food fought back. However, the leeches are learning from experiences, and are beginning to exhibit group attack behavior. They are also ceasing cannibalism. Their evolution is exceeding expectations.


April 22nd, 1978

The leeches no longer exhibit individual behavior, even when not feeding. They move as collective. They consume everything I offer with remarkable efficiency.


April 30th, 1978

An employee has stumbled onto my experiments. Can a human be a food source? How will the leeches respond?


June 3rd 1978

A day worthy of commemoration. Today they begin to mimic me!

Surely they recognize their father...

Wonderful children.
No one will take you away...

1978年2月3日
実験体のヒル4匹へ「始祖」を投与開始。
生存のための寄生と捕食、そして繁殖。
その全てを本能で繰り返すヒルは生物兵器として最適であると考えられたからだ。
ヒルたちはしばらく苦しむようにのた打ち回っていたが、間もなく沈静化した。
以後は、しばらく目立った変化無し。

1978年2月10日
投与開始から7日間。
全長が二倍までに肥大化し、変態の兆しが見える。
産卵も無事に終え、最初の倍の数まで一時増えたが、異常な食欲のおかげで共食いを始めてしまった。
急いでエサを調達するが、2体を失ってしまった。

1978年3月7日
エサを生きたまま与えることにするが半数が逆にエサに攻撃され、失われてしまった。
しかし、それを学習したヒルたちの攻撃パターンは次第に単体ベースから群体ベースへと
移行する様子を見せ始めた。
これを境に共食いもしなくなった。
予想を越えた、素晴らしい進化ぶりだ。

1978年4月22日
ヒルたちは捕食の時以外も個体での行動を止め、常にある程度まとまった集団として行動を取るようになる。
与えるエサにも、驚くほど効率的に攻撃するようになった。

1978年4月30日
所員の一人に実験の事を感づかれてしまったようだ。
“エサ”が人間になったら?ヒルたちの反応はどうだろうか?

1978年6月3日
今日は素晴らしい記念日となった。
彼らが私の姿の擬態を始めたのだ!
私を親として認識しているのか・・・。かわいい子供たち。
もう誰にも渡しはしない・・・。

BibliographyEdit

SourcesEdit


Around Wikia's network

Random Wiki