Fandom

Resident Evil Wiki

Rasklapanje

14,465articles on
this wiki
Add New Page
Talk0 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.


Rasklapanje (ラスラパンネ Rasurapan'ne?) is a file in Resident Evil 6. It is found in Chapter 4 of Leon Story.

LocationEdit


TranscriptEdit

Rasklapanje is a victim of the C-Virus, although one that is extremely mutated. Rasklapanje is derived from the Serbian word for "demolition."

The smooth, white skin that envelopes this creature is an exoskeleton designed to protect the slug-like part of its main body, located in the torso. Even if part of this creature's humanoid form is destroyed, it will not have any effect on the main body. These detached body parts can still search for prey independently and ensnare it.

The flexible nature of its structure allows it pass through narrow openings like ventilation ducts and other tight spaces. Its primary weakness is fire, and when it encounters intense heat, its main body will leap out of its humanoid exoskeleton to escape danger.

Below is a memo written by a Neo-Umbrella researcher.

---

We've had a very irregular mutation occur in some of our subjects. The resulting creature is able to separate parts of its body and send them after its victim. Its body parts seem to have a mind of their own as they search and attack, but once they return to the main body, they all go back to working as one.

We still have a lot to learn about this mutation, but it will most certainly be an effective weapon in the field.

C-ウィルスの感染者が、変異の果てに生まれ変わった姿。ラスラパンネとは、東欧の言葉で「解体」を意味する。

白くツルツルとした外皮は、腹腔内に潜むヒルのような形状をした本体を守るために形成されたものである。この外皮は、分裂しても本体に何も影響がないため、時には自ら分裂し、捕食する人間を探したり、拘束したりする。
また、軟体動物のように自身の形状を変化させることができるため、通気口やダクトなどの狭い空間に入り込むことができる。炎を苦手とし、高熱を感じると本体が身体の外に飛び出してくる。

C-ウィルスを研究していたネオアンブレラの研究者も、このあまりにも奇妙な変異種の誕生は予測できていなかったらしく、そのことは、ネオアンブレラの研究室に残されていたメモからも確認できる。

---

「イレギュラー発生だ。理解に苦しむおかしな変異種が出来上がってしまった。ラスラパンネと名付けられたこの変異種は、その名の語源である「解体」が示すように、体を分離させて敵を攻撃する特徴がある。
この特徴は、多細胞分裂をおこなう生物の中でも特に再生力の強いプラナリアを想起させる。ただ、プラナリアは、例えば5つに切り刻めば、5体のプラナリアとして再生するが、ラスラパンネに関しては、分離した体の一部はそのままでありながら、本体とは別の意志を持って行動する点にある。また、分離したのち、集合して元の単一個体に戻ることも可能である。

さらに研究を要する謎が多い変異種だが、B.O.W.としての有用性は非常に高いと思われる」

Also on Fandom

Random Wiki