FANDOM


The Report about Ada is a short story written by Benny Matsuyama. It is part of the biohazard4 kaitaishinsho - revised edition.

Plot


Transcript

    エイダは、”謎”をその身に纏う。
    彼女について、正確を情報は何ひとつ明かされていない。
いつ、どこで誕生したのか――国籍も、人種も、本当の年齢も判ってはいない。
生まれた時に授けられた名前さえも。
    エイダ・ウォンと名乗る彼女の真実は、彼女自身にしか知り得ない。
    アジア系を思わせる、磨いた珠のごとくに滑らかな肌と際立った美貌。
複雑を曲面を構成するその蠱惑的な肉体は、一片の無駄もなく鍛え上げられながら女性らしい魅力をわずかも損なわず、完璧と言うべきプロポーションを体現している。だが、それらもすべては、強烈な吸引力を放つ肢体を申し訳程度に包む薄手の衣と同じ、彼女の表層を装って本質を覆い隠す”不可解”の一部に過ぎない。見る者に強制的な思考誘導をもたらす一種の擬態――。
    おう、 エイダは擬態している。 美しき女スパイに、 忠実に、 確実に任務を遂行する限り、 必要以上に真意が_し_られることはない。 その思想も信条も、 一切を_めいた__みの裏側に潜ませて、 彼女は一歩ずつ真の目的へと近ついていく。
    欺き続ける。
    世界情勢の裏側で暗躍する「組織」の支配者たちは、 エイダが接触を図ってきた当初、 さすがに戸惑いを禁じ得なかった。 経歴のほとんどが不明か、 偽りの足跡で構策されたスパイ――ただしその板きん出た能力は、 彼女の唯一_かな履歴である、 呪われた街ラクーンシティからの生還が証明している。
    地獄絵図という言葉さえ、 かの地を襲った惨禍を表現するにはまるで足りなかった。 暴走した狂気への畏れから、 _をするように消し去られた死人の都。 ゆえに、 そこから持ち帰られた背徳の所産”G−ウィルス”は、 困難極まりないその奪取任務を成し遂げた者の評価を不動のものとした。 エイダ・ウォンなら名前、 諜報活動に従事する者たちの間では半ば伝説となっていた。
    その女スパイの接近である。 組織の中には、 これを別の機関による工作と見て、 彼女を始末すべしと主張する声も少なくなかった。 いたずらに迎え入れるには、 エイダはあまりにも謎めいていて、 しかも剣呑な牙の持ち主であった。



    しかし、 組織はすでに制御不可能な、 内側からその腹を_き焦がしかねない火種を抱えていた。 ラクーンシティの生___の元凶たる巨大企業アンブレラでの研究成果を手__に組織中枢に入り込み、 今では無視できないほどの影__を持つようになった男――元ラクーン市警特殊部隊S.T.A.R.S.隊長アルバート・ウェスカー、 この獅子身中の虫__えるために、 支配者たちはエイダを引き入れてぶつける__を採用した。 無条件に信棟するわけでは決してないが_女がウェスカーに対する監視役として機能してくれるなら、 たとえエイダが二心を抱いているとしても益はある。 それに_たりが互いに牽制し合えは、 組織にとって最も不都合な、_重スパイとしての行動は自ずと制限されるだろう――彼らはそう判断したのだった。
    そして、 エイダは的確にその役割をこなしてきた。 警戒されながらも、 組織に飼われているという立場を最大限に活かしてウェスカーに近づき、 手駒として利用すればこれ以上はない有能な諜報工作員であると認識させた。 自らを選ばれた人間だと任ずる自信家のウェスカーが、 ひたすら忠実な代わりに愚かな猟犬よりも、 気を抜けばその喉笛に牙を突き立てる賢い狼を好む――あるいは好もうとする性格であることを見抜き、 彼女を支配下に置いていると感じられる力関係を巧みに築き上げたのだった。 彼が立案する計画の重大な局面では必ず、 最も優秀な ” (ユニット)” であるエイダを使いたくなるように――。
    無論、 ウェスカーも狡猾 (こうかつ)である、 エイダを通じて自分の助きが組織の上層部に伝わることは十二分に想定していた。 逆に漏れても構わない情報、 むしろそう思わせたい情報を稙極的にリークさせたが、 それでも事実はおぼろに浮かび上がってくる。 ウェスカーが (かわだ)てようとしている何か――そのための (かす)かな痕跡は、 おびただしい情報 (リポート)堆積 (たいせき)に不自然な (わだち)を造る。 陽の光を (さえぎ)る、 巨大でぶ厚い傘の影を想起させる……。
    複雑に交錯する思惑の中で、 完全な謎を保ち続けるのはエイダのみ。 彼女の目的だけが、 ぽっかりと空いた穴のように綺麗に抜け落ちている。 まるで本当に、 「組織」 のために尽くしているかのように。 任務の遂行こそが至上の喜びであるかのように。
    欺き続ける。
    そのエイダが、 瞳に真実の (きら)めきを宿す瞬間がある。 偽装しきれない、 秘めた思いに直結した意志の光を。



    そこには必ず、 ひとりの男の生死が関わっている。 6年前、消滅間近いラクーンシティの闇の底で、 偽りだけを纏った女スパイと剥き出しの感情をぶつけ合った真っ直ぐな青年――レオン・S・ケネディの生命が。