Fandom

Resident Evil Wiki

Scorched Earth (file)

14,443articles on
this wiki
Add New Page
Talk0 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.


Scorched Earth, also known as Simmons and sterilization operations (滅菌作戦とシモンズ Mekkinsakusen to shimonzu?) in the original script, is a file that can be found in Resident Evil 6. It can be found in Ada Chapter 2.

Transcript

Operation: Bacillus Terminate was the name for the missile strike ordered by the U.S. government to halt the spread of the virus in Raccoon City in 1998. The decision to raze the city of 100,000, killing infected and survivors alike, came from Derek C. Simmons, a high-ranking government official.

Raccoon City was a case study for his future plans as he believed the world would stop using traditional weapons and switch over to bioweapons. The data provided by Raccoon City allowed him to assess the efficacy of such weapons, but he made certain that the truth of Umbrella's involvement, and their bioweapons program, would never be known. Eager to resolve the issue as quickly as possible, he urged the more hawkish members of the president's administration to eradicate Raccoon City for the sake of the country.

The attack on Tall Oaks was devised by Simmons to show the world, and dubious officials in government, the threat bioweapons pose in the hands of terrorists, as well as to prevent President Benford from revealing the truth behind Raccoon City.

Everything went just as Simmons planned. After Operation: Bacillus Terminate was carried out on Tall Oaks, he sent a message to The Family while flying to China in his private jet. Leon recovered that message and submitted it to the FOS after his return from China.
---
Operation: Bacillus Terminate has been executed just as planned. But this time it won't be covered up like it was for Raccoon City. Everyone will know that the president was killed by bioterrorism and the government had no choice but to clean it up. The whole world will know the threat posed by bioterrorist organizations, and shall be in awe of the country that stood up to protect its people and fight this threat: America!

Now we've shown them who the real global power is. This is how things should be and now balance will be achieved in the world, with The Family at the helm.

滅菌作戦とは、1998年に発生したウィルス流出事故「ラクーン事件」を収束させるため、合衆国政府によって実行されたミサイル攻撃のことである。

ウィルスによってゾンビパニックに陥っていたラクーンシティに直接ミサイルを撃ち込み、10万人の市民とともに街を焼き払ったこの作戦は、政府高官を務めていたディレック・C・シモンズが中心となり実行に移された。

そもそもラクーン事件は、シモンズにとってケーススタディだった。「ゆくゆくはバイオ兵器が現行の兵器に取って代わる」という確信と、バイオ兵器の脅威がデータとして残せた以上、後は事実の隠ぺいさえ出来ればいいと考えたシモンズは、大統領と政府の急進派を煽り、早急にこの計画を推し進めた。

今回のトールオークスで、彼がラクーン事件を模倣するようなバイオテロを演出したのは、大統領がラクーンの真実を公開しようとしたことに対する政府関係者への見せしめと、ここまで大規模なバイオテロを起こせるだけの組織が存在することを世界に思い知らせるために他ならなかった。

果たして、すべてはシモンズのもくろみ通りになった。

シモンズがトールオークスの滅菌作戦直後、中国に向かうプライベートジェットの中で、ファミリーに対して送ったメッセージがある。

中国から帰還したDSOのレオンが、FOSに提出したもののひとつである。

---

「私の計画通り、トールオークスの滅菌作戦は成った。
ラクーンのときとは異なり、この一件は隠蔽されない。全世界に公表される。

アメリカは大統領をバイオテロで殺され、政府は正体不明のウィルスから国家を守るため、やむなく滅菌作戦を実行した。これにより、世界は再認識するだろう。

“世界を脅威に陥れる強大なテロ組織”と、“その先頭を切って戦う、最強の国家・アメリカ”という、世界の本来あるべき形を。

台頭する中国に、アメリカの力を見せつけることが出来るのだ。

アメリカが頂点にある世界の情勢こそ、我らファミリーが最も力を振るえる安定の図式である。その安定を崩そうとする愚かな指導者アダム・ベンフォードはもういない。
世界は、これからもファミリーのもと安定し続けるのだ」

Also on Fandom

Random Wiki