Wikia

Resident Evil Wiki

Type 2 Plagas

13,731articles on
this wiki
Talk0
Type 2 Plagas
Type 2 Plagas (1)
Japanese:About "Type 2" Plaga ("タイプ2"プラーガについて "Taipu 2" purāga ni tsuite?)
File type:Note
Room:Train Station
Map:Kijuju
Level:Chapter 2-2
Appears in:Resident Evil 5
Last edit: 14 months ago. (Purge)


Type 2 Plagas, known as About "Type 2" Plaga ("タイプ2"プラーガについて "Taipu 2" purāga ni tsuite?) in the original script, is a file that can be found in Resident Evil 5.

LocationEdit

Type 2 Plagas (15)

The file location.

The file can be found on the table inside the building of the train station where player begins Chapter 2-2.

TranscriptEdit

As stated in earlier documentation on the subject, the original Las Plagas parasite was discovered in an isolated area in Europe. Upon maturation in a host, the parasite quickly replaces the host's will and self-awareness, rendering them highly susceptible to control by another.


It was this aspect of Las Plagas that meant one so nclined could create obedient subjects who would obey directives without question. With obvious commercial application possibilities, Las Plagas quickly came under review by interested parties.


The problem with commercializing Las Plagas was the time discrepancy between initial infection and when the hosts were rendered susceptible to control.


The time between when Las Plagas is administered to the host as an egg and the time when it fully matures and attaches itself to the control nervous system was met with negative criticism.


The maturation cycle of Las Plagas is relatively bred, but potential customers wishing for more expedient results.


With this in mind, research was undertaken to improve Las Plagas. The final result of this research becoming Type 2 Plagas.


Type 2 Plagas differs from its predecessor in that it is administered in its mature state, and from that point the host can almost immediately be controlled.


Type 2 is administered orally, or more specifically, it is forced into the mouth of the host. It's an indelicate method, but it's also the most effective.


After oral administration, Type 2 rends the esophagus and moves first to the medulla oblongata, then to the brain proper, and and finally the spinal cord. Once it has taken hold of the central nervous system, the host can be controlled.


Under a laboratory setting, we recorded complete control of a host within ten seconds of administration of Type 2.


Aside from the reduced infection time, the Type 2 Plagas appeared to share all of the characteristics of the original Las Plagas, which made it more than suitable for commercialization.


All that remains now is to simulate field data from the Kijuju Autonomous Zone.


Listed below are the three key experiments for evaluation of Type 2:


1. Infection
Administer Type 2 samples to 10 previously infected individuals and observe the rate at which they spread the infection. These 10 test subjects must be given enough Type 2 to create measurable results.


2. Control
Observe to what extent the barbaric behavior induced by the Plagas can be controlled. This will be ascertained by witnessing the results of the directive to engage the BSAA operatives within the area.


3. Fighting
Accumulate data on Type 2 in combat. Type 2 hosts will battle BSAA operatives deployed in the area.


This experiment will be the last stage for evaluating the effectiveness of Type 2 Plagas.

ヨーロッパの寒村で発見された「プラーガ」には、寄生により宿主をコントロールするという特徴がある。
この特徴を用いることにより、命令に忠実な兵士を作り出すというのが、このプラーガ商品化の狙いである。
しかし、商品化には一つの問題があった。
プラーガは、宿主の体内に投与してから精神を支配するまでの間に、絶対的なタイムラグが存在するのだ。

これはプラ-ガが卵の状態で投与されるため、ふ化して成長し、中枢神経に取り付くまでにどうしても時間が必要なためである。
プラーガの成長は決して遅くはないが、我々の顧客にはせっかちな人間が多い。
必要な時に、”すぐに”効果がないと、商品としての成功は望めないだろう。

そこで改良型のプラーガが開発された。
我々は、この改良型を「プラーガ・タイプ2」と呼んでいる。
タイプ2では、すでに成長したプラーガを直接投与するため、精神の支配が即時に行われるという特徴がある。

投与の方法は、経口投与。
つまりは、口から無理やり押し込むわけだ。
荒っぽい方法だが、時にはシンプルな方法が一番のこともある。
経口投与されたタイプ2は、食道を破って体内に侵入し、延髄精神の支配を始める。

研究室内での実験では、タイプ2の投与から精神が支配されるまで、平均10秒以下というタイムを記録している。
また、原種プラーガが持っていた特徴も併せ持っていることが確認された。
これだけの性能があれば、まずは商品として十分に売り物になるだろう。

残るは実験データの蓄積だが、これはキジュジュ自治区で行うことにする。
実験項目は以下の3点である。

1.感染
タイプ2の一次投与は10体の被験者に留め、その後の感染の拡散スピードを観察、調査する。
そのため、最初の10名の被験者には、あらかじめ十分な量のタイプ2を渡しておく。

2.抑制
プラーガが感染者にもたらす凶暴性を、どこまで抑制することができるかを実験する。
これには、同時にBSAA隊員を市街地深部まで誘導し、3番の実験をスムーズに行うための効果も期待する。

3.戦闘
タイプ2の戦闘能力に関するデータを蓄積する。
戦闘対象は。現地に出動してきたBSAA隊員とする。

以上の実験をもって、プラーガ・タイプ2の最終評価試験とする。

GalleryEdit

Around Wikia's network

Random Wiki