Wikia

Resident Evil Wiki

Type 3 Plagas Field Test

13,731articles on
this wiki
Talk0
Type 3 Plagas Field Test
Type 3 field test
Japanese:プラーガ・タイプ3の実験について
Room:Execution Grounds
Map:Marshlands
Appears in:Resident Evil 5
Last edit: 15 months ago. (Purge)


Type 3 Plagas Field Test is a file that can be found in Resident Evil 5.

LocationEdit

TranscriptEdit

One week has passed since the initial field test of Type 3 Plagas.

Type 3 was designed to display dramatically enhanced physical abilities over previous versions.

The original Las Plagas had a special Plaga known as the control Plaga that would provide a host with enhanced physical abilities.

These control types were limited in number, and they always caused severe physical changes in the host, and thus it was not always expedient to use them.

From a business standpoint, this was undesirable. The idea was to create super soldiers without any side effects, something consumers wanted.

The teams are currently working on developing a similar product to Las Plagas for commercial use, but given the affinity Las Plagas has for human hosts, it seems advantageous to continue to develop it. Other methods may produce superior super soldiers, but if they do not render the host completely controllable, their effectiveness would be limited.

Taking a subordinate Plaga (the base Las Plagas) and implanting a gene from the control Plaga created a new type of Plaga - the Type 3.

It is believed that if Type 3 can be perfected, it will become the new standard on the bioweapons market.

But that day is still in the offing. During a recent field test, a number of issues came to the fore. The chief problem is its ineffectual adherence rate. In adult and adolescent males the adherence rate is approximately 92 percent, the same for normal Las Plagas. For women and young children Type 3 has a 0 percent adherence rate.

With these disappointing results, it is obvious that in its current state, Type 3 would not render a adequate product.

In addition, superficial mutations were invariably fatal. This is thought to be due to the dynamic influence of the control Plaga gene.

The test, however, was not without some favorable results.

Our goal to realize dramatic physical enhancements were somewhat realized. The jumping power of hosts has shown remarkable improvement.

Another point is one we hadn't predicted: size increase in the hosts, with some reaching a height of almost three meters. This could also be due to the gene from the control Plaga, but it is within acceptable parameters.

With this field test, we did not achieve all our initial desired results, but the test was not a complete failure. It may be possible to use the information garnered from the current tests and use them to make improvements in any future tests.

この地では改良型プラーガ「タイプ3」の実地試験を開始して1週間が経過した。
タイプ3は、これまでのプラーガではなしえなかった
「身体能力の飛躍的向上」をコンセプトに作られた改良型である。
原種プラーガでも、支配種と呼ばれる特別なプラーガを使用すれば身体能力の飛躍的向上は見込める。

だが、支配種は絶対的に数が少なく、なによりも外見の劇的な変化を伴ってしまうため、状況によっては使いにくい。
それではダメだ。
我々が目指すのは、外見的な変化を伴わず超人的な身体能力を有する兵士を作りだすことなのだ。
それでこそ売り物になる。

別の研究チームでは、プラーガ以外を使用して似たようなコンセプトの商品を開発しているらしいが、人間との親和性を考えればプラーガを使用するのが一番いい。
どんなに優れた兵士を生み出すことができても、定着率が悪ければ意味がない。

そこで我々は、従属種のプラーガ、いわゆる”普通の”プラーガに支配種プラーガの因子を移植することで、新しいプラーガを開発することにした。
それが「プラーガ・タイプ3」である。
タイプ3が完成すれば、生物兵器市場のトレンドを一気に塗り替えてしまうだろう。

だが、それは当分先の話のようだ。
今回の実地試験で、タイプ3の問題点がいくつか浮き彫りになった。

まず、定着率の低さ。
成人男性への定着率は92%と通常のプラーガ並みだったが、女性と子供への定着率はほぼ0%だった。

これでは定着率の高いプラーガをベースに開発した意味がない。
また、外見的な変化も致命的だ。体中のあらゆる部分に変化が見られた。
これは、支配種プラーガの因子が色濃く残りすぎているせいなのかもしれない。

だが、失敗ばかりではない。
目指していた身体能力の飛躍的向上については、ある程度達成されたと言ってもよい。
特に跳躍力については、目覚しい進化をとげた。

予想外だった点としては、一部の被験者が巨大化したことだろう。
3メートル近くまで巨大化した者までいる。
これも支配種プラーガのせいだと考えられるが、まずは許容範囲内といえるだろう。

今回の実地試験は残念な結果に終わったが、完全な失敗だったわけではない。
失敗だったとしても、次に活かせばよいのだ。まだ望みはある。

↑アンブレラ崩壊後の世界では彼らが開発した生物兵器の流出によって生物兵器市場が拡大、道具を得たテロリストらによってバイオテロが頻発していた。
別の研究チームが開発している商品、とは「ウロボロス・ウイルス」のことである。

Around Wikia's network

Random Wiki