Wikia

Resident Evil Wiki

U-8

13,715articles on
this wiki
Talk0
U-8
U-8 (file) (1)
Japanese:U-8
File type:B.O.W. tactical profile
Room:N/A
Map:N/A
Level:Completion of Chapter 5-1
Appears in:Resident Evil 5
Last edit: 13 months ago. (Purge)


U-8 is a file that is awarded in Resident Evil 5.

Location

It will appears in the library upon the completing Chapter 5-1.

Transcript

U-8 is the name of the B.O.W. born from a weapons development project involving Las Plagas.

The creature is comprised of the refined DNA of multiple organisms, specifically the DNA of shelled organisms. The alterations to this aspect of the creature is reflected in its dark coloring.

The carapace has an unparalleled durability, and was shown to be resistant to a direct hit from RPG,s in tests.

This gigantic creature has another special feature in its design.

U-8 is some tens of meters tall, and its pincer legs are over three meters in length, which it uses as a weapon in close combat. These pincer attacks are not especially quick, but they are powerful enough to pierce the armor of a tank.

Flying B.O.W.s reside in the part of U-8's abdomen originally intended for the maturation of eggs in an unaltered specimen. These flying B.O.W.s are not larval U-8s, but completely different creatures entirely.

In a close-quarter, one-on-one fight, U-8 is an overwhelmingly powerful adversary, but when it has to combat more than one opponent, its large size becomes somewhat of a liability.

Its considerable bulk also makes it vulnerable to long-range attacks. To compensate for this weakness, it uses the flying B.O.W.s in much the same way an aircraft carrier uses jet fighters.

Some would consider U-8 an impeccable fighting machine, but it does have its flaws.

U-8's size can be a detriment because it requires massive amounts of sustenance to maintain functionality. As such, U-8 is not suitable for long-term assignments.

According to Tricell's business information, U-8 is most effective as security for a facility or when used in attacks of limited time.

(Before it can be used in an offensive attack, consideration must be given to the means of transporting U-8 to the destination.)

Also, U-8 is designed to reach a large size very rapidly, and this breeds imperfections in its carapace. These imperfections are limited to a certain area of the carapace, but a direct attack on this area will severely damage U-8.

Even with these flaws, U-8 functionality, combat effectiveness, and relative ease to control have made it popular in the bioweapons market.

Records indicate that Ricardo Irving has sold a multitude of both the original U-8 and the upgraded version, U-8 Prime (which has a multi-layered carapace for extra defense, along with shell covering formerly exposed areas).

There were plans at one point to design a lighter, faster U-8 that could maintain functionality for longer periods of time, but this would result in a significant downgrade in its defensive capabilities. This plan appears to have been scrapped.

Chris Redfield and Sheva Alomar reported imperfections in the carapace of the U-8 they faced, so it is suspected that it was one of the original models.

Note that the "U" in U-8 does not stand for "Uroboros," but for "Ultimate."

「U-8」は、寄生生命体「プラーガ」を利用した兵器開発プロジェクトで生み出された有機生命体兵器(B.O.W.)の一種である。
様々な種類の生物の遺伝子が配合、改良されて組み込まれているが、特に甲殻類の遺伝子が色濃くその外見に反映されており、その結果、強固な甲殻装甲を手に入れることに成功している。

その甲殻装甲は無類の防御力を有しており、性能評価試験報告によるとRPGの直撃にも耐えたとされる。
また、その巨体も特徴の一つとして上げられる。
全長数十メートルに及ぶ体躯は、それ自体がひとつの武器と言え、特に3メートルを越える巨大鉄脚は、白兵戦で絶大な効果を発揮する。
療法の鉄脚から繰り出される一撃はスピードこそそれほど速くないはないが、その超重量級の一撃は威力十分で、戦車程度の装甲であれば簡単に貫いてしまう。

さらにU-8は、本来抱卵のために使用される腹部分に、飛行型B.O.W.を共生させている。
この飛行型B.O.W.は、その収納部分からU-8の幼生と勘違いされることがあるが、全く別種のB.O.W.である。
1対1の近接戦闘では無敵の強さを発揮するU-8だが、多数の敵を相手にした場合は、その巨体をもてあますこともある。
またその巨大さから、遠距離からの狙撃では格好の的となってしまう。
その弱点を補うための飛行型B.O.W.であり、それは空母と艦載戦闘機の関係に似ている。

このように兵器として完璧に思えるU-8であるが、欠点も存在する。
まず最大の武器であるその巨体だが、それがあだとなり、行動には膨大なエネルギーを必要としてしまう。
そのためU-8の連続活動時間は短く、長時間遂行される作戦には向かない。

トライセルの営業用資料によると、拠点防衛、若しくは短時間で完遂される強襲作戦での運用が効果的とされている。
(ただし、強襲作戦の場合は作戦目的地までの輸送手段を確保する必要がある)また、あまりに急激な巨大化を促したため、その防御の要である甲殻装甲が一部欠損している。
決して広い部位ではないが、この部分への攻撃はU-8にとって致命的である。

しかし、いくつかの欠点は存在するものの、その汎用性と戦闘力の高さ、またコントロールのしやすさには定評があり、U-8は生物兵器市場で人気の高い商品である。
記録によると、初期生産型のU-8と改良型(甲殻装甲の多層化による防御力強化型。
欠点であった露出していた部位にも甲殻が形成されている)の「U-8’」、あわせて十数体がリカルド・アーヴィングの手により売却されたとある。

ちなみに、防御力を犠牲にいて軽量化し、活動時間の増大と高速化を見込んだ最改良型のU-8開発も立案されていたようだが、計画段階で開発中止になったようだ。
本作戦でクリス・レッドフィールドとシェバ・アローマが遭遇したのは、甲殻装甲の欠損が認められることから、初期生産型のU-8と推測される。

なおU-8の「U」は「ウロボロス(Uroboros)」の「U」ではなく、「アルティメイト(Ultimate)」の「U」とされている。

Gallery

Around Wikia's network

Random Wiki