Fandom

Resident Evil Wiki

Village Youth's Diary

14,449articles on
this wiki
Add New Page
Talk0 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.


Village Youth's Diary is a file that can be found in Resident Evil 5.

Location

Transcript

April 5
A man who said he was the foreman of the oil plant came to visit us today. He said he wants to inoculate everyone living near the oil field against some kind of disease.

In my parents' generation, they tricked our people and stole the land to turn it into their oil field. They must feel guilty about that because they are always trying to help out village now.

When we couldn't get across the swamp, they built a gondola on a rope for us.

Sometimes they'll even give us alcohol from foreign countries. This medicine is probably something like that.

Everyone in our village is glad to receive this medicine, but I don't want it. I don't have a reason for not getting it. I just didn't like the way the foreman looks, that's all.


April 8
Everyone went to the oil field to get this inoculation. The village is usually never this quiet. The only thing to do today is sleep.


April 9
I slept too much during the day, so I couldn't sleep at night, and it was noisy outside. Everyone was talking with serious voices in the middle of the village. All of the children in the village had come down with a fever.

The mothers all drew water to cool their babies, but it didn't help. By the next morning they were all dead.

In the morning our leader went to the oil field. He wanted to know if the medicine they were given killed the children.

When he came back to the village, he said the children died because they had the disease. He told everyone that they needed to go back for more shots. I didn't want to, but everyone in the village was worried about catching the disease. They forced me to go with them and get the shots.


April 10
People are fighting in the village. All the men are very angry. It might be because all the children died, but I think it's something else.

The women just sit around and don't care. I wonder if the disease is spreading.


April 11
I couldn't sit still today. I felt like something was moving around inside me.

Outside I saw a man who looked strange. He was naked and had a weapon. His entire body was covered in war paint. It wasn't even festival day.

I tried to talk to him, but when he turned around, I saw his face...

He didn't even look human!

What is happening to the people of my village!?


April 12
The screaming has stopped since yesterday. The men are all dressed like our ancestors and fighting each other. Most of the women have died.


April 13
Head hurts. Fever... Feel angry.

Saw big man outside window. Very tall.

Must be vision.


April 14
Feel good...

Screams... stop...

Looks fun...

Want to... Kill...

4月5日
村に油田の所長と名乗る男がやってきた
油田のそばに住む住人全員に、伝染病の予防接種をしたいのだと言う。
あいつらは、我々の親の世代の者をだまして土地を手に入れ、あの油田を作った。
その負い目があるのだろう。ことあるごとに村に便宜を図ってくれる。

沼の行き来に不自由していると言えば、ワイヤーを張ってあのゴンドラを作ってくれたりもした。
時には外国の珍しい酒を振舞ってくれることもある。今回もそういうことなのだろう。

村人たちは喜んで申し出を受けたが、俺は断った。
別に、はっきりとした理由があったわけじゃない。
なんとなく、村に来た油田の所長の目つきが気に食わなかった。
ただ、それだけだ。

4月8日
予防接種を受けるため、村の者たちは、全員油田へと出かけていった。
いつも騒がしい村が静かだ。こういう日は、ゆっくりと昼寝をするに限る。

4月9日
昼寝をしすぎたせいか、なかなか寝付けないでいると外が騒がしい。
広場で、皆が真剣な様子で話し合っている。なんでも、子供が大変な高熱で苦しんでいるのだと言う。
それも一人ではない。全員が、である。

母親達は、汲んできたばかりの水で子供達の体を冷やしているが、いっこうに熱は下がらない。
明け方、全員が息を引き取った。朝になり、村長が油田へと出かけた。
皆、子供たちの死が、昨日の予防接種と関係あるのではないかと思っていた。

戻ってきた村長は、子供たちの死は伝染病の初期段階かも知れないので、もう一度予防接種を受けることになったと皆に告げた。
俺は今回も拒否したが、伝染病にかかれば村の一大事だ。
皆に無理やり連れて行かれ、予防接種を受けさせられた。

4月10日
村で喧嘩が起こる。男達は全員殺気立っている。
子供を亡くしたばかりだからと思うが、どうも違うような気もする。
反対に、女性はぐったりとしていて元気が無い。すでに伝染病が広がり始めているのか?

4月11日
今日は、なぜか落ち着かない。体の芯がうずくようで、じっとしていられない。
仕方がなく、外へ出て体を動かすことにした。外に出ると、奇妙な格好をしている奴がいた。
服を脱いで武器を手にし、体中に戦士の模様をペイントしている。
村祭りの日ならともかく、なんて格好しているんだ。

一言いってやろうと声をかけたが、振り向いたその顔を見て何も言えなくなってしまった。
顔の半分が醜く膨れ上がり、人とは思えない顔つきになっていた。
一体、どうなっている!?

4月12日
昨日から、悲めいがたえない。
おとこたちは、昔にもどったかのようなカッコウであらそいをつづけている。
おんなたちは、ほとんどが死んだか、殺されたかしたようだ。

4月13日
アタマぼーっとしている。
熱ある?
かんがえまとまらない。
今、マドの外、大おとことおった。
3メートルぐらいあった。
幻覚?

4月14日
いい気ぶん……

ひめい……おち着く……

たのしい……

オレも……だれか殺……したい……

Also on Fandom

Random Wiki