Wikia

Resident Evil Wiki

Wesker Report Extract on the Tyrant Plan

13,728articles on
this wiki
Talk0
Wesker Report Extract on the Tyrant Plan
Japanese:ウェスカーズ・リポート(タイラントの計画の問題)
Room:Preparation room
Map:Arklay Laboratory (B2F)
Level:Mansion Incident 3
Appears in:Resident Evil: The Umbrella Chronicles
Last edit: 14 months ago. (Purge)


Wesker Report Extract on the Tyrant Plan is a file that can be found in Resident Evil: The Umbrella Chronicles.

Location

The file can be found by shooting the orb light above the door in the preparation room.

Transcript

(extracted from Wesker's Report)

A highly sophisticated "Fighting Biological Weapon" - with intelligence,
which would obey programmed orders and act as a soldier. That was the monster we tried to create and we called it "The Tyrant".

But, from the beginning, there was one huge obstacle - it was almost impossible to obtain a living subject on which we could base the Tyrant. The supply of genetically adaptable human beings for the Tyrant was extremely limited.

This is due to the nature of the "T-virus". The "T-virus" variant that was ideal to create the zombies and the Hunters was suitable for most humans, but it had a fault of making the carrier’s brain cells decline.

To transform the carrier into a Tyrant we needed to keep the carrier's intelligence at a certain level. In order to overcome this issue, Birkin had been working on extracting a variant that would cause the least damage to the brain when it was adapted perfectly to the carrier.

However, humans with a genetic match to this variant were extremely rare. The Genetic Analytic team's simulation report told us that only one in ten million would be infected and transform into a Tyrant, with the remainder becoming zombies.

It might have been possible to develop a more progressive strain of the "T-virus" that could transform more humans into Tyrants. However, to push the research further, first of all we required human subjects with a perfect genetic match to the new variant.

There was little possibility that such a specimen would be supplied to us, because even if we scoured the whole U.S.A., we would only be able to find 50 or so of them.

In fact, at that time, even with the utmost effort we only managed to collect a few specimens with a close match.

Even from the outset, our research was at a standstill.

私たちの研究は、第3段階に入った。

従順で記憶力に長け、命令をきびきびと遵守する。
鍛えられた肉体を休むことなく行使し、
不平を漏らさない。
兵士としての理想だけをパッケージした、
究極の戦闘用生体生物兵器…
通称「タイラント」と呼ばれる
モンスターを創り出す事が、それだ。

しかし、その研究には当初から
大きな障害があった。
タイラントの基となる「生体」の入手が
困難だったのだ。

遺伝子的に「タイラント」として
適応する人間が、
極めて限られていたためである。

そこには「t-ウィルス」の性質が
要因としてあった。
「ゾンビ」や「ハンター」を製造する
為の「t-ウィルス変異株」はほとんどの
人間に適応したのだが、
脳組織を著しく衰退させる問題があった。

ある程度の知能が維持できねば
「タイラント」には成り得ない。

バーキンはその問題を克服するべく、
完全適応すれば脳への影響を最低限に
押さえる新しい「変異株」の抽出を行った。

だが、その変異株に対しては、
適応する遺伝子を持った人間が極めて
少なかった。

遺伝子解析班のシミュレートでは
「1000万人に1人」の割合だという。

それ以外は、ただゾンビとなるだけ
だったのだ。

研究が進めば、もっと多くの人間が
「タイラント」として適応する、
別のタイプの「t-ウィルス」も
開発できるはずだった。

しかしその研究を進める為にも、
先ず新しい「変異株」に完全適応する
人間が必要とされた。

とは言え、
アメリカ全土を探しても数十人しか
存在しないような者を実験体として
かき集めるという話しは現実味がない。

やむなく、理想の遺伝子パターンに
比較的近いサンプルを、
他の研究所などから無理矢理集める
という策しか取り得なかった。

乗り上げた暗礁は、
簡単に取り除けそうにない。

大きな不安が、私たちを覆っていた。

Around Wikia's network

Random Wiki